特集ページ

血糖値を下げるサプリは続けることに意味があります

血糖値を下げるサプリは薬局より通販での購入が有利

「そもそもサプリで血糖値を下げることはできる?」という素朴な疑問の答えから、血糖値サプリを選ぶ時の意外な基準まで分かりやすくお伝えします。

サプリで血糖値を下げるのはあり?

果たしてサプリメントで血糖値を下げることはできるのでしょうか。また、サプリを飲んで効果をどうやって判断したらよいのでしょうか。

WHOも認めるサプリの血糖値を下げる効果

サプリで血糖値を下げることはできます。WHO(世界保健機構)も2002年、糖の吸収を抑えるサラシアの効果を公に認めています。

日本のトクホ(特定保健用食品)にも、消費者庁が血糖値に対して何らかの科学的根拠を認めた成分が入っています。消費者庁以上に厳しい基準で有名なFDA(アメリカ食品医薬品局)もフラクトオリゴ糖など血糖値に関係が深い成分の安全性や効果を認めています。

国や世界の公的な機関が特定の成分に対して科学的根拠と安全性を認め、サプリの商品化を許可していることからも、血糖値を下げる手段としてサプリが役立つことが分かります。

公的機関の審査は非常に厳しく、様々な角度から徹底的に調べられます。「血糖値は下がるものの内臓にダメージがある」などということにならないよう、安全面に関しても慎重に臨床試験が行われています。

サプリの効果は血糖値自己測定で確認できる

一昔前まではサプリが気休めだと思われていたこともありましたが、効果が認められはじめ、食事療法や運動療法に次ぐ新たな治療法と言っても過言ではありません。

とは言っても、サプリを飲んで実際に効果があるのかないのか分からないと不安ですから、血糖値測定器を使用してサプリの効果を判断しましょう。

血糖値測定器も高性能でコンパクト、そして低価格。手軽に自宅で測定をすることで、サプリの効き目も数値で確かめることができるようになっています。

服用中は明らかに血糖値のコントロールが良好と実感することができれば、サプリを飲み続けるモチベーションにもなります。効き目を感じられないサプリを切り捨てる判断基準にもなります。

「検査代が意外と高い」、「検査のために平日休めない」方にも自己測定器は便利です。当社エイコンの血糖値測定器も最初に必要なスターターキットは無料、測定の時に使う消耗品も1回分39円~業界最安値で提供しています。

NHK「ためしてガッテン」や有名テレビ番組、雑誌でも「自己測定をするだけで血糖値を下げる効果がある」と度々特集を組んでおり、その反響もあるようです。

サプリを飲むだけでも血糖値が下がる

血糖値コントロールのための日々の食事対策や運動対策をどうしてもできない方には、サプリはおすすめです。

血糖値対策の基本は食事療法と運動療法になりますが、お医者さんに指導されても時間の問題、食事を用意する問題などが必ずつきまといます。

血糖値の問題を抱えている方は、改善しなくてはと思いつつ、実行に移せずにいるケースが多く見受けられます。頭では「食べすぎ」、「運動不足」と分かっているものの、いざ食事タイムになると「おかわりを我慢できない」、半分残そうと思っていたスナック菓子を「完食してしまった」など計画通りにいかないことも多々あるはずです。

運動しようと思いつつ、まだウォーキングデビューできていない方も多いのではないでしょうか。また、どうしても飲み会を断れないお仕事の方もいらっしゃるかも知れません。その点、サプリは飲むだけで良いので、どんなに面倒臭がりの性格の方、多忙な方でも実践できます。

血糖値コントロールは長期間続くためサプリが有効

血糖値対策は長期スパンで行うことになるので、とにかく続けやすいことが大切です。たった1日だけはりきって登山やフルマラソンにトライしても、普段一切運動しない生活では効果的な血糖値対策とは言えません。

その点、サプリを飲む対策は簡単かつ苦痛を伴わない上、時間を費やすこともありません。オーソドックスな食事対策や運動療法の他、ツボ押しや歯磨きなど色々な血糖値対策方法が出回っていますが、サプリを飲む方法はダントツ簡単です。続けやすさも再現性の高さもナンバー1です。

食べすぎてもサプリで血糖値を下げる

市販されているサプリは、ただ単に血糖値の平均値を下げるサプリだけではありません。食べる前に飲むことで糖の吸収を抑え、血糖値の急上昇をセーブするサプリ、血管の詰まりを予防する血液サラサラ系のサプリ、インスリンに働きかけるサプリなど自分に必要な機能を補うことができます。

血糖値が上がる原因は個人差があるので、自分に足りない機能をサプリで補いましょう。つい食欲に負けて食べすぎてしまった時も、サプリでケアすることでダメージを減らすことができます。

~血糖値を下げるサプリのメリット~

  • ストレスなく続けやすい
  • 健康意識の向上
  • 自己管理の意識が向上
  • 足りない栄養素を手軽に安く補える
  • 飲んでいることが自信に繋がり、精神的な安定も期待

 

血糖値を下げるサプリを購入時ベストな場所は?

血糖値を下げるサプリの選び方にも色々ありますが、買う場所も重要なポイントです。血糖値対策成功の鍵を握っている要素の1つが“サプリを購入する場所”と言ったら信じられますか?

サプリをドラッグストアで買う人は挫折しやすい

血糖値は糖尿病以外にも様々な生活習慣の予防、改善に関係しています。そのため、血糖値を下げるサプリも大人気ですよね。必要に迫られて飲んでいる方も多いでしょう。

現在、ドラッグストアやコンビニ、スーパーマーケットでも血糖値を下げるサプリは色々売られています。特にドラッグストアはサプリの種類も多く、お店によっては薬剤師さんに相談することもできます。

思い立ったらすぐに買えるのもドラッグストアでサプリを買うメリットのひとつで、魅力的な購入場所に思えるはずです。サプリ唯一のデメリットは「買い忘れ」によるブランクが空くこと。サプリは薬ではないので、飲んでも即効くとは限りません。

ただしきちんとした根拠がある成分が入っているサプリなら、継続することで確実な効き目を期待することができます。(当社の売れ筋サプリ「ドクターズチョイス マイタケオール」にもインスリン抵抗性を改善する米国特許成分が高配合されています)

ところが、「金欠なので他の買い物を優先したい」、「忙しくて買いに行けない」などの理由で買いそびれてしまうと、血糖値のコントロールもガタガタに。「いつでも買える」という長所が逆に首を絞めることになります。

継続してサプリを購入できるとは限らない

また、ドラッグストアも商品を置くスペースには限界があります。血糖値のサプリはビタミンCなど美容系サプリに比べると“超売れ筋”とは言えません。

ドラッグストアによっては次々に新商品を販売し、売れ行きの悪いサプリは在庫を補充しない方針のところが大半です。

販売しているサプリがコロコロ変わるため、買うのが面倒になって飲まなくなるケース、探すのが億劫になって買わなくなるケースなど、意外と続かないケースの背景には購入場所も影響しているようです。

通販ならいつでも血糖値を下げるサプリ買える

サプリの達人の多くも、「継続して飲むコツは通販でサプリを買うこと」と口を揃えて主張しています。

血糖値を下げるサプリは食事療法の一貫で、毎日続けることが結果に繋がります。「継続しやすいかどうか」は重要なポイントです。価格はもちろん、飲みやすい形状、飲む回数などスムーズに続けられる条件が揃っているかどうか、チェックしましょう。通販はスマホやパソコンをクリックするだけで購入できるので、どんなに多忙な方、疲れている方でも注文することができます。


営業時間を気にすることなく注文することができる通販は、ドラッグストア以上に“いつでも買える”環境が整っています。

サプリは定期購入がおすすめですが

サプリを飲み続け、血糖値を本気で下げる気持ちがあるなら、通販の中でも定期購入がおすすめです。

定期購入は一旦契約すると解約しない限り、自動的に欲しいサプリを配達して貰えます。なくなってから「買い忘れた!」と慌てることもなく、毎月定期的に届くので強制的に続ける環境が整えられます。

ただし、定期購入を契約したのに飲み始めたらあまり効き目を感じられないこともあります。“最低でも何回まで解約できない”というルールになっているところが多いので、お店選びを間違えてしまうと、不要なのに買い続けなければいけない事態になることもあります。

~血糖値を下げるサプリを定期購入するメリット~

  • 毎回注文する手間暇を省ける
  • 買い忘れや在庫切れによる“ブランク”を防げる
  • 通常より価格やサービス面でお得
  • 続ける習慣がつきやすい

サプリの達人が考える定期購入の条件

血糖値を下げるサプリを飲み続けるためにも定期購入は頼れるサービスですが、後々不満を感じることがないよう購入時は3つの条件をチェックしましょう。

1つ目の条件は「いつでも解約できること」。血糖値の自己測定を行えば、数値の変化で効き目を調べることができます。効き目がない、と分かっているサプリを飲み続けることほど虚しいものはありません。

解約したいのに解約できない会社、解約料を取る会社はちょっと躊躇してしまいます。

2つ目の条件は、「配達されるスケジュールを自由に調整できること」。いくら定期購入を契約しても、「うっかり飲み忘れてサプリが余ってしまった」なんてこともあるはずです。

検査の前はサプリを飲まないよう指示されることが多いので、検査日が続いてサプリを飲めない日が続くこともあるでしょう。そんな時、余っている分を消費するまで次回の配達を調整できないと、不満を感じる原因になります。

3つ目の条件は「返金保証がついていること」。一般的には最初に普通に注文して飲み始め、効き目を感じられてから定期購入に切り替えるパターンが多いでしょう。ただし、定期購入は何かと特典が多いので、できれば最初から定期契約した方が得策です。

返金保証がついているメーカーなら万が一合わないと感じた時でもすぐに解約して返金して貰えるので、買う側に損になることはほとんどなく、気軽に契約しやすいのではないでしょうか。

ドクターズチョイスの「血糖値を下げるサプリ」が売れる理由

現在、当社で扱っているドクターズチョイスの血糖値サプリは「トクホより買う価値がある」と評判です。なぜドクターズチョイスの血糖値サプリは人気があるのでしょうか。

ドクターズチョイスの定期購入はユーザーに有利な条件

ドクターズチョイスは血糖値関連のサプリメントが充実しています。定期購入の条件も「いつでも解約可能」、「スケジュールの変更可能」、「返金保証つき」でお客様に有利が条件ばかりです。

しかもドクターズチョイスの定期購入は定期独自の特典があります。せっかく定期購入を契約したのに価格も同じ、とりたててサービスはなし・・・となると、少し残念ですよね。

せっかくなら、定期購入を続けることでメリットを感じられるような特典が欲しいものです。ドクターズチョイスは「送料無料」、「定期なのに後払い可能」、「支払い手数料無料」と嬉しい特典が色々あります。

定期で購入した血糖値サプリも途中変更可能

途中で変更が効かないとなると無駄になるお金やサプリが出る可能性があります。弊社の定期購入は自由に解約、商品の変更ができます。

血糖値が上がる理由は人それぞれで、同じインスリンの不具合でも働きに問題がある人もいれば分泌量が足りない方もいます。

当社の血糖値サプリは充実の品揃え。パウダータイプから錠剤タイプまで形状も幅広く揃え、血糖値コントロールのアプローチ方法も多岐に渡っています。


例えばインスリンの働きに問題がある時は米国特許成分を配合しているマイタケオール、分泌量が足りない方にはグルコサポートが適しています。

インスリンの分泌の問題なのか働きの問題なのか高血糖の原因が分かっていない時も、実際に服用してみて血糖値の変動をチェックしましょう。

「まずはマイタケオールを続けて下がらなかったらグルコサポートに変更」なんてフレキシブルな対応も、ドクターズチョイスなら可能です。

高品質なのは国産よりアメリカのサプリ

サプリを選ぶ1つの基準として「できれば国産主義を貫きたい」と考える方もいらっしゃるでしょう。普段から国産のものを意識してチョイスしている方は「アメリカ製サプリは大丈夫なの?」と感じることもあるかもしれません。

実は、アメリカのサプリのクオリティの高さは、世界でもトップクラス。日本でもサプリメントは人気がありますが、アメリカの比ではありません。

日本のように健康医療保険制度が整っていないアメリカでは、「病気になったらアウト」と言われるほど医療費が高額なことで有名です。

医療費が高いために治療を諦めるケース、治療のために借金を重ねるケースも珍しくないほど、とにかく高額の出費となります。そのため、アメリカでは美容系のサプリはもちろん、糖尿病など病気を予防、改善するサプリも売れ筋アイテムです。

病院に通院せずに済むよう、予防効果の高いサプリで発病を防いで医療費を節約しよう、とい考える方が多く、アメリカでは成人の6割はサプリを愛飲しています。決して“気休め”ではなく、食生活の一部として賢く活用しています。

当然、競合メーカーも多く、必然的に品質も高く値段も良心的なサプリが生き残るため、日本製とは比べものにならないほど「買う価値がある」サプリが出回ることになります。科学的根拠のある成分を配合するサプリが多いのも特徴の1つです。

この記事の監修ドクター
自然療法医 ヴェロニカ・スコッツ先生
アメリカ、カナダ、ブラジルの3カ国で認定された国際免許を取得している自然療法専門医。
スコッツ先生のプロフィール
https://gluco-help.com/media/lose-weight-diabetes27/

 

 

血糖値を下げる運動を効果的に行うにはどうすれば良い前のページ

隠れ糖尿病を見つけるのに大切なHbA1cの値次のページ

ピックアップ記事

  1. HbA1c【 ヘモグロビンA1c 】の数値を下げる実践的な方法とは
  2. 自己測定器での血糖値の測り方は意外と簡単です
  3. 1型糖尿病は遺伝するのか?1型糖尿病について詳しく調べてみた

関連記事

  1. 特集ページ

    血糖値とは血液中のグルコースのことで異常があると様々な困難が生じます

    糖尿病のリスクを上昇させる血糖値とは血糖値が高くなると、糖尿病のリ…

  2. 特集ページ

    糖尿病から狭心症を発症、心臓の手術後サプリメントと食事改善で【 ヘモグロビンA1C 】が5.8に下が…

    3ヵ月前に心臓の手術をしたお客様からお手紙とメールをいただきました。…

  3. 特集ページ

    血糖値対策サプリはトクホよりFDAの理由と効いているか確かめる方法

    血糖値対策サプリはトクホよりFDA血糖値対策の主軸になるのは食事療…

  4. 特集ページ

    糖尿病でもお菓子を食べていいのか

    糖尿病と診断されてしまってから、毎日の食事が楽しめなくなってし…

  5. 特集ページ

    糖尿病内科でできること~検査内容と診断方法~

    糖尿病内科に関する基礎知識弊社の商品開発チームの医師監修Q. …

おすすめ記事

最近の記事

  1. ヘモグロビンA1cが7.2なのに急遽手術をしなくてはならない…
  2. 【医師監修】ドライマウス、歯周病、歯肉炎も糖尿病の合併症です…
  3. ヘモグロビンA1cとはいったい何のこと【 HBA1c】は【 …
  4. 糖尿病から狭心症を発症、心臓の手術後サプリメントと食事改善で…
  5. ヘモグロビンA1cを下げるには「食事終了後5分以内」の運動が…
  1. メディア

    糖尿病と動脈硬化の関係性とは
  2. 特集ページ

    ヘモグロビンA1cを下げるには「食事終了後5分以内」の運動が効果的です
  3. 特集ページ

    血糖値とは血液中のグルコースのことで異常があると様々な困難が生じます
  4. メディア

    血糖値にコーヒーは良い効果があり糖尿病の予防にもなります
  5. メディア

    糖尿病と蕁麻疹(じんましん)の関連とは?
PAGE TOP