特集ページ

ヘモグロビンA1cが7.2なのに急遽手術をしなくてはならないほど進行してしまっていた”想定外の合併症”とは?【鈴木さんの体験談】

糖尿病の方はご自分のヘモグロビンA1cの数値を把握しています。

しかし、数値を知っていても糖尿病は悪化していき・・・・
合併症に苦しむ方も・・・・

50才を超えると何かしら健康診断には引っかかってきます。
特に多いのは、糖尿病、糖尿病予備群の診断。

その時に指摘を受けるのがヘモグロビンA1cの数値です。

「ヘモグロビンA1cが7.2なので再検査してください。」
はじめは、ヘモグロビンA1cってなんのこと・・・
という意識ですが、

60才を超えると・・・
「A1cが8.0で前は7.2だったのに、かなり上がってしまった」とか、
「7.0で前は6.8だったから少し上がっている」
というような会話が。

糖尿病の方にとってはヘモグロビンA1cの数値を知っているのが、
当たり前のことになります。

ところが【 ヘモグロビンA1c 】とはいったい何のことですか?
・・と質問すると・・
ほとんどの方は答えることができません。

数値は知っているけどその意味は知らない、これは本当に怖いことです。

鈴木さんもそんな方のひとりでした

鈴木さんは53才の時に健康診断で、
ヘモグロビンA1cの数値が高いことを指摘されます。

病院で再検査をすると、
「糖尿病ですね」と医師

「えっ、糖尿病予備群とかではなくて・・」

「血糖値が高くて、ヘモグロビンA1cも7.2ですので糖尿病です。」

「薬を出しときますよ」

「いえ先生、食事で改善しますので・・・・」

それまでジムに通い健康には注意していたつもりだったのに、
突然の【 糖尿病 】の診断はかなりショックでした。

糖尿病は治らない病気と言われているから・・・・

その時に、
「 糖尿病の薬を飲んだら治らなくなる 、食事と運動で治そう」
と決めたそうです。

なぜなら、糖尿病は治らない病気と言われているから・・・・
「薬を飲んだら治らなくなる」
お母さんが30年近く糖尿病だったことを思い出したそうです。

これが1年後に悪い結果となって現れてしまいます。

糖尿病の診断を受けてから、
3ヵ月に1回受診をして血液検査を受けました。

そして、
毎回、ヘモグロビンA1cの数値を指摘されました。
6.8、7.2と徐々に上がっていき、

医師から薬の服用をすすめられましたが、
「栄養指導だけで大丈夫です」
と薬の服用を断っていました。

しかし、食事の改善を意識しても、
「 徹底するのは難しい 」とも思っていたそうです。

頑張って、毎日飲んでいたビールを週3回に減らし、
「 これなら大丈夫、今回は下がっているはず」

しかし、【 ヘモグロビンA1c 】は徐々に上がっていきました。
6.8、7.2・・・

栄養指導を受けていても・・・
「次回こそは・・・頑張ります・・・」
管理栄養士さんに言い訳している感じでした。

仕事が忙しくてコンビニ弁当主体

そんな時にジムにも通えないくらい仕事は忙しくなり、出張も増えます。

食生活も不規則になり、食事はコンビニ弁当主体となりました。

こんな生活が3ヵ月続きました。
この3ヵ月が悪化を加速させたのかもしれません。

久しぶりに散歩に出かけてみると、
1㎞程度歩くだけで息が切れます。

「久しぶりなので体が慣れてないからかな」

ところが、徐々にひどくなっていきます。
散歩するだけで、胸に痛みを感じるようになってしまいました。

突然の激痛が胸に

ある日、夕食後、奥歯の歯茎から痛みを感じました。

最初は我慢できる程度の痛みでしたが、
ジワジワと苦しくなり、なんとも言えない気持ちの悪い痛みが続きます。

安静にしようとベッド横たわり、
少しずつ強くなっていく痛みを我慢していました。

「まずい、救急車を呼ぼう・・・携帯はどこだ・・・」

そのとき【 突然の激痛 】が胸を襲います。

あまりの苦しさに救急車を呼ぶ間もなく、
意識を失ってしまったのです。

その瞬間に・・・
「 あと10年生かしてくれ・・・」
と思ったことだけ覚えています。

目が覚めると痛みはなくなっていましたが、
どれくらいの時間が経ったのかもわかりませんでした。

「 生きていた・・・」

翌朝、かかりつけの病院を受診し症状を話すと、
すぐに心臓の医師を紹介されました。

主治医が緊急の対応をしてくれたので、
30分程度で心臓の医師の診察を受けます。

はじめに心臓のエコー検査を行います。

エコー検査での心臓の動きがかなり悪かったようで、
「 痛みは大丈夫ですか 」と臨床検査技師

「そんなに悪い状況ですか」

「いえ、それは先生が・・・判断します・・・」
口ごもった様子でした。

エコー検査の結果、CT検査をするまでもなく、
すぐに心臓のカテーテル手術が必要な状況との説明を受けます。

危険な状況。

翌日、入院することを強くすすめられ、
2日後に心臓の手術をすることになったのでした。

それから、2週間後に2度目の心臓の手術を受けます。

右冠動脈 99%狭窄 90%狭窄 左回旋枝100%閉塞。
心臓の3本の血管がほとんどダメな状況でした。

手術後、糖尿病のかかりつけの医師から、
「本当に助かって良かったね」と言われました。

このまま放置していたら突然死の可能性も高かったようです。

糖尿病が原因となる狭心症

まさか糖尿病が発覚してから、
わずか1年で突然死の可能性まであったなんて・・・・

緊急に手術をするなんて考えたこともありませんでした。

あの日の痛みが心筋梗塞だったら、
目が覚めることはなかったんだ・・・

恐怖を感じます。

そして、
「あの激痛だけは2度と味わいたくない」
このように鈴木さんは考えたそうです。

【 ヘモグロビンA1c 】が改善されなければ、
心臓の血管は更に痛み、狭くなっていく。
脳梗塞のリスクも高くなっていく。

待ったなしの状態。
それが心臓の手術後の気持ちでした。

ヘモグロビンA1cの改善に真剣に取り組む

そんな体験から鈴木さんはヘモグロビンA1cの改善に真剣に取り組みます。

サプリメントを飲み、
食後にかかと上げ下げ運動を行う、
シンプルなことですが、毎日続けました。

すると、1ヵ月後には7.2だったヘモグロビンA1cが6.5まで下がったのです。

そして、3ヵ月続けた結果、6.0と正常にもどりました。

「言葉で表現はできない痛み、あの痛みは二度と忘れることができません。」
このようなメッセージとともに貴重な体験を教えてくれました。

ヘモグロビンA1cはダメな赤血球の割合

血液中の赤血球は酸素を運ぶ係です。

糖尿病の方は血糖値が高いので、赤血球に糖がくっついて、
酸素を運べなくなってしまう赤血球の数が多くなります。

その酸素を運べない、使い物にならない赤血球のパーセンテージが【 ヘモグロビンA1c 】です。

使い物にならないダメな赤血球の割合は、6.2%以下が望ましいとされています。

この数字が7~10%ということは、

「酸素が細胞に十分に届けられていないので、病気になり老化まっしぐら」ということです。

糖尿病を悪化させるだけでなく、
心筋梗塞、脳梗塞や糖尿病腎症、網膜症、神経障害など、
いろいろ病気を引き起こす原因となるのです。

【 ヘモグロビンA1c 】を改善するには
食事の改善、食べる順番の工夫、散歩の習慣、食後の運動など・・・が必要と言われています。

それでは、なにから始めたらいいのでしょうか?
全てをいっぺんに始めるのはとても難しいことです。

そして、
食事を改善しているけど・・・
忙しくて運動がなかなかできない・・・
毎日の食事が楽しめなくなってしまった・・・

【 ヘモグロビンA1cが下がらなかったら返金セット 】は、
このような悩み抱えている方のために作られました。

詳しくはこちらから 》

「1ヶ月間飲んでみたけど効果が感じられない」
「自分には合わない・・」

など、少しでも商品にご不満がございましたら90日間全額返金致します。
ぜひ、ヘモグロビンA1cのサポートにお役立てください。

「血管お掃除サプリメント」は、
特に炎症やあらゆる種類の手術を受けた人におススメです。

この商品は、健康的な血液を維持するのに役立つ上、
血栓を溶かし、血流を改善し、心臓病のリスクを低下させることができます。

また、血圧を下げ、心臓発作につながる心臓への負担を軽減します。

詳しくはこちらから 》

糖尿病患者は、高血糖により血液がドロドロの状態で血管がもろくなります。
この状態がすべての糖尿病合併症につながると言っていいでしょう。
血管お掃除サプリメントには、血管が詰まるもとになる、有害な物質を溶かしながらも、細胞を修復する成分を配合しています。

【医師監修】ドライマウス、歯周病、歯肉炎も糖尿病の合併症です。なぜ口内ケアが大事なのか?前のページ

ピックアップ記事

  1. 1型糖尿病は遺伝するのか?1型糖尿病について詳しく調べてみた
  2. HbA1c【 ヘモグロビンA1c 】の数値を下げる実践的な方法とは
  3. 自己測定器での血糖値の測り方は意外と簡単です

関連記事

  1. メディア

    糖尿病と動悸には深い関係があった

    糖尿病と動悸に関する基礎知識弊社の商品開発チームの医師監修Q.…

  2. 特集ページ

    糖尿病内科でできること~検査内容と診断方法~

    糖尿病内科に関する基礎知識弊社の商品開発チームの医師監修Q. …

  3. メディア

    糖尿病と蕁麻疹(じんましん)の関連とは?

    糖尿病と蕁麻疹(じんましん)に関する基礎知識弊社の商品開発チームの…

  4. メディア

    糖尿病患者の緑内障について

    糖尿病と緑内障に関する基礎知識弊社の商品開発チームの医師監修Q…

  5. メディア

    糖尿病を発症すると、汗にも変化が現れます。

    糖尿病と汗に関する基礎知識弊社の商品開発チームの医師監修Q. …

  6. メディア

    糖尿病と歯周病には、深い関係があります。

    糖尿病と歯周病に関する基礎知識弊社の商品開発チームの医師監修Q…

おすすめ記事

最近の記事

  1. ヘモグロビンA1cが7.2なのに急遽手術をしなくてはならない…
  2. 【医師監修】ドライマウス、歯周病、歯肉炎も糖尿病の合併症です…
  3. ヘモグロビンA1cとはいったい何のこと【 HBA1c】は【 …
  4. 糖尿病から狭心症を発症、心臓の手術後サプリメントと食事改善で…
  5. ヘモグロビンA1cを下げるには「食事終了後5分以内」の運動が…
  1. メディア

    多尿になると糖尿病?気になる症状と放置しておくことの危険性
  2. 特集ページ

    ヘモグロビンA1cを下げるには「食事終了後5分以内」の運動が効果的です
  3. メディア

    糖尿病と動脈硬化の関係性とは
  4. メディア

    糖尿病と蕁麻疹(じんましん)の関連とは?
  5. メディア

    血糖値にコーヒーは良い効果があり糖尿病の予防にもなります
PAGE TOP