テーマ:糖尿病

糖尿病には種類がありそれぞれの種類で原因も違います

糖尿病の原因は何?

薬による糖尿病治療には、基本的に飲み薬と注射の2種類があります。血糖値の状態によって、インスリン注射療法を始めるようにどうして糖尿病になるのか、現時点で分かっている最新情報をお伝えします。糖尿病の原因を知ることは病気の予防、改善に役立ちます。歯周病や睡眠など意外な原因の場合もあります。

糖尿病1型と2型は別もので原因も違う?

糖尿病は圧倒的多数を占める2型糖尿病が有名ですが、大きく分けて「1型糖尿病」、「妊娠糖尿病」、「他の病気や薬剤による糖尿病」の合計4タイプあります。

同じ糖尿病でもタイプによって発症原因は全然違うので注意しましょう。

割合が多い2型糖尿病の原因

糖尿病患者の95%以上を占める2型糖尿病は過食や運動不足などが原因でインスリンの分泌や機能に問題が生じて発病します。

脂っこい食事など環境因子の他に遺伝的な要素も絡んでいるので、既に発病している家族がいる場合は警戒が必要です。

1型糖尿病の原因はわかっていない

全体の1~3%しかいない1型糖尿病の原因は完全には解明されていません。少なくても2型糖尿病のように肥満や喫煙など生活習慣のせいではないことは分かっています。現時点では、自己免疫疾患やウイルス感染が原因でインスリンに問題が生じると考えられています。

妊娠糖尿病の原因

糖尿病患者さんの中ではたった1%の割合ですが、妊娠をきっかけに血糖値に異常が起こることがあります。

妊娠糖尿病もいくつかのタイプに分けられ、今まで血糖値に何の異常もなかったのに、妊娠後いきなり糖尿病を発病することがあり定期検査が欠かせません。

赤ちゃんがお腹の中に宿ると、胎盤からインスリンを効きにくくするホルモンが出るため、糖の代謝異常が起こり糖尿病になります。「胎児にたっぷり栄養を与えようとして血糖値が高くなる」とも指摘されています。

二次性糖尿病の原因疾患

糖尿病はとても複雑な病気で、糖尿病以外の疾患で発病することもあります。病気や薬のせいで発病する二次性糖尿病の割合は5~10%。

病気を治療するための薬のせいで血糖値が上昇することもあるので、他の病気の治療中にも血糖値の検査は欠かせません。

2型糖尿病の原因

10人中9人以上と糖尿病の中でも飛び抜けて患者数が多い2型糖尿病の原因についてもう少し詳しく見ていきましょう。遺伝や加齢など避けられない原因もあります。

インスリン抵抗性とインスリン分泌低下

糖尿病は血糖値が高くなる病気です。すい臓から分泌されるインスリンは血糖値を下げる働きがあり、何らかの原因で問題が生じると糖尿病を発症します。

分泌される量が少なくなるのがインスリン分泌低下、きちんと機能できなくなるのはインスリン抵抗性。2つの問題が同時に勃発することもあります。

高血糖が続くと合併症の発症リスクも上昇するので、早急に治療を開始しなければなりません。

2型糖尿病の原因は「環境的要因+遺伝的要因」

食べ過ぎや肥満は糖尿病の代表的な原因ですが、大食漢で太っていても糖尿病を発症していない方はたくさんいます。

なぜなら2型糖尿病は遺伝的要因もベースになっているため、同じような生活習慣があっても体質的に発病しやすい方とそうではない方がいるというわけです。

通常は環境的要因と遺伝的要因の2つが絡み合ってインスリンに問題が生じ、糖尿病を発病します。特に両親が発病している場合、糖尿病になりやすい体質が遺伝する確率が高いので「人並み以上に気を引き締めないと発病する」と警戒しておいた方が良いでしょう。

糖尿病になりやすい体質で環境要因が重なればいつ発病してもおかしくない状況と考えましょう。

長生きするほど糖尿病リスクも上昇

糖尿病の家族歴がなく、生活習慣に深刻な問題がなくても「絶対糖尿病にならない」ということはありません。

加齢も糖尿病の原因の1つ。食物エネルギーを消費する糖代謝は、加齢によって衰えてしまいます。そのため、高齢になるほどインスリンに問題が生じやすくなり、1歳年齢を重ねる度に4%も糖尿病発症率が高くなります。

長生きするほど糖尿病リスクは上昇します。また、体力が落ち疲れやすくなることで身体活動量も減り、肥満化が進むことも、高齢者の糖尿病発病率の高さに関係しています。40代以降、遺伝要素に関わらず糖尿病は他人事ではなくなります。

糖尿病の原因になる食事

糖尿病は複数の要因が重なり合って発病に至るケースが多く、中でも発病率をぐっと引き上げる原因になるのが普段の食事です。

食材やカロリーはもちろん、食べ方にも気をつける必要があります。工夫次第で糖尿病を予防したり改善できたりします。

若年性糖尿病が増えている原因

20代、30代で発病する若年性糖尿病患者さんが増加しています。年齢が若くても暴飲暴食を続けていると糖尿病になるので注意しましょう。

特に、遺伝しやすい体質にも関わらず、脂っこい食べ物をよく食べていると、若年発症しやすくなります。

国内の患者数が増えたのはライフスタイルの欧米化が原因と指摘されていますが、ジャンクフードなど若者が好んで食べる食べ物は栄養が乏しい割にカロリーが高く油分も多い傾向があり要注意です。

糖尿病を若い時に発症すると、40歳になった時には糖尿病だけではなく、重症の合併症に苦しむことになりかねません。

肉食中心の食事は糖尿病の原因に

同じ肉でも牛肉や豚肉の食べすぎは糖尿病リスクを上昇させます。オカズを選ぶ時は意識して「肉より魚」を選ぶことが大切です。

もちろん、牛肉や豚肉にも亜鉛やビタミンBなど貴重な栄養が入っているので、無理に肉断ちをする必要はありません。ただ、赤身肉に含まれるヘム鉄は貧血対策には効果があるものの、酸化ストレスや炎症を引き起こしインスリン感受性の低下につながると指摘されています。

ヘム鉄を摂りすぎるとインスリンを分泌するすい臓のβ細胞にダメージが与えられるので、注意しなければいけません。同じ鉄分でも植物性食品に含まれる非ヘム鉄は体内の吸収率が遅いため比較的安心です。

また、ハムやソーセージなどの加工肉も飽和脂肪酸の含有率が高く、糖尿病の大敵である悪玉コレステロールや中性脂肪を増やしてしまいます。同じ肉でも牛肉のもも肉や鶏肉のささみは脂肪分が少ないので、部位を意識して食べるようにしましょう。

白米をおかわりする女性は糖尿病になりやすい

ご飯を毎回おかわりすると糖尿病リスクが高くなると言われています。もちろん、白米は3大栄養素の1つで大切な栄養素です。炭水化物が入っているので、ハードな糖質制限で完全な“お米断ち”をするのはリスキーです。

ただ、炭水化物には血糖値を上昇させる糖質がたくさん入っているため、食べ過ぎると糖尿病の原因になりかねません。

日本はもちろん欧米でも白米摂取と糖尿病発症リスクを関連づける報告が次々に寄せられています。特に女性はご飯の食べすぎで糖尿病リスクが高まる傾向が強いため、ほどほどにしておきましょう。

野菜のオカズでもご飯を食べ過ぎてしまうと、糖質過剰になり糖尿病リスクが上昇します。

うどんやラーメンなども糖尿病の原因

うどんやラーメンも、糖質が多い炭水化物食材の代表です。炭水化物を食べると体内で分解されたあと糖になり、血糖値を上昇させてしまいます。

日本一のうどん消費量を誇る香川県は糖尿病の死亡率が全国でも3番目に多く「うどんが原因では?」と話題になっています。

「うどんと一緒にオニギリや稲荷寿司を食べる“炭水化物の重ね食い”が問題」と指摘する専門家も。

香川県の場合、車社会で歩く機会が少ないため、炭水化物が多い食生活に加え、慢性的な運動不足も糖尿病リスクを高めていると考えられています。

糖尿病の原因にもなる調理法や味付け

血糖値を上げにくい食材を食べていても、調理法や味付けによっては高カロリー高脂質になり、糖尿病を誘発しやすくなります。

ベジタリアンは糖尿病のリスクが低くなることが分かっていますが、いくら野菜しか食べない生活でも、マヨネーズやドレッシングをたっぷり振りかけていたら意味がありません。

調理法によっても油分、脂質量には差が出るので、炒め料理よりゆで料理、蒸し料理を選びましょう。また、塩分も合併症リスクを上昇させるので、味付けにも気をつけて下さい。

糖尿病の原因になるおやつや飲み物

糖尿病の食事対策では、間食をうまく利用して1回の食事量を減らす食事制限のテクニックも有名です。

ただし、間食として食べる食材は脂質や糖分が少ないものを選びましょう。食材によっては糖尿病の原因になってしまいます。

間食で食べると危険なチョコレート

強い空腹は暴飲暴食につながるため、間食も上手に活用することも大切です。ただし甘いものはすぐに血糖値を上げてしまうので、細心の注意を払う必要があります。

例えば、チョコレートも入っている砂糖の量が多いので、控えめに食べないと糖尿病リスクが上昇してしまいます。

カカオの割合が多いものだと糖質も脂質も抑えられますが、普通のチョコは糖分と脂質のかたまりのようなもの。食べすぎは禁物です。

・ミルクチョコレート(1枚65g):糖質33.7g/脂質22.6

ペットボトル症候群の原因は砂糖

飲み物はなるべく糖質や脂質が少ないものを選びましょう。水やお茶類は糖質、脂質がほぼゼロなので、糖尿病の原因になることはありません。

糖尿病の発病リスクを上げるのは清涼飲料水や砂糖&ミルク入りのコーヒーなど、糖質が多い甘い飲み物です。果物100%のジュースも意外と糖質が多く、スピーディーに吸収される単糖も約16gも含まれるので注意が必要です。

血糖値に問題がある方は、コーラなど甘い飲み物を飲んで意識を失うペットボトル症候群の危険性と隣り合わせです。糖分を一気に補充することでインスリンの働きが急激に悪くなり、高血糖による昏睡状態に陥ることもあるので注意しましょう。「高血糖による昏睡+脱水症状」になると命にかかわることもあります。

コーラ(1杯200ml):糖質22.7g/脂質0g
オレンジジュース(1杯200ml):糖質21.4g/脂質 0.2g

アルコールとホルモンは最悪の組み合わせ

お酒も糖尿病の原因になる飲み物です。適量を守れずに飲みすぎてしまうと、アルコールそのものの影響が血糖値に影響を及ぼします。

糖質ゼロの焼酎や糖質オフのサワーもその分アルコールの割合が増えるため、アルコールによる糖尿病リスクが高くなります。

お酒の飲みすぎで肝臓やすい臓がダメージを受け、糖尿病より先に肝障害やすい障害が起きることもあります。特にすい臓は血糖を抑えるインスリンを分泌する臓器なので、アルコール性膵炎を繰り返すと糖尿病も併発されます。

普段は真面目に食事制限に励んでいるのに、酔っ払ってラーメンなどを過食してしまう失敗も増えるはずです。

お酒のおつまみは唐揚げや塩辛などしょっぱくてギトギトしているものが多いので、塩分や脂質の過剰摂取になります。味付けが濃いホルモンも要注意食材なので、「ビール+ホルモン」も糖尿病誘発メニューと言えます。

タバコも糖尿病の引き金に

中肉中背で適度な運動習慣があり、お酒もほとんど飲まない健康的な生活をしていても、喫煙者の背後には糖尿病リスクが迫っています。

お酒やチョコは糖尿病の原因になりますが、タバコも発病リスクを高める嗜好品の代表です。タバコを吸うと交感神経が刺激され、血糖が上昇しやすくなるため、吸わない人間に比べて1.4倍も発病率が高くなります。

しかも、タバコにはインスリンの働きを邪魔する作用もあるので、吸う本数が多ければ多いほど糖尿病リスクも上昇します。既に発病している方が吸い続けると合併症リスクも倍増するので、禁煙外来に通うことも大切な治療の一環になります。

運動不足が原因で糖尿病を発病

運動不足も糖尿病の原因のひとつです。交通機関が発達している都心に住んでいる人間は身体を動かす機会が少ないので、注意しなければいけません。

駅近物件に住むと糖尿病リスクが30%上昇

毎日適度に身体を動かしていないと、糖尿病の発病率が上がってしまいます。食べているのにしっかり身体を動かなさないと、血液中のブドウ糖をエネルギー源として消費することができません。

余ったブドウ糖は中性脂肪として蓄積されるので、肥満が進みます。血液中のブドウ糖が増えると高血糖状態になり糖尿病を誘発するので、意識して身体を動かすことが大切です。

通学や通勤で毎日歩いていれば運動不足を解消しやすくなりますが、駅近物件に住んでいる方は毎日の運動量が慢性的に不足しがちになります。

駅まで片道10分未満しか歩いていない人間は、20分歩く人間より30%も発病リスクが高くなると言われています。もちろん、多忙で「通勤時間に歩くぐらいしかできない」方もいらっしゃるでしょう。

運動のために長い時間を割けない場合、当社で扱っている「ドクターズチョイスアルギニ5000シトルリ2000プラス」がおすすめです。運動効率を倍増させることができるので、こういったサプリもおおいに活用しましょう。

中性脂肪+内臓脂肪=肥満

脂肪細胞が肥大化すると、インスリンの働きを鈍くする物質をたくさん分泌することが分かっています。つまり、太っているとそれだけで糖尿病リスクが高くなるのでダイエットが必要です。

肥満は中性脂肪(血液中の脂肪)に内臓脂肪(腸の周りの脂肪)が蓄積された状態。血糖値を上げる脂肪分でいっぱいの状態なので、いつ糖尿病を発症してもおかしくありません。

食べすぎや運動不足など糖尿病になる原因を複数抱えているはずなので、普段の生活習慣を見直しましょう。

糖尿病の意外な原因

食べすぎや運動不足は糖尿病になる代表的な原因として有名ですが、あまり知られていない原因もたくさんあります。

睡眠不足も糖尿病の原因

ぐっすり眠れないと精神的にもイライラしてしまいがちですが、最近の研究により寝不足も糖尿病リスクを上昇させることが分かりました。

よく眠れなかった日は食欲が高くなり太りやすくなるそうです。不眠状態が長く続くほど空腹時血糖値も高くなり、インスリンの分泌脳も低くなってしまいます。

具体的には睡眠時間が6時間未満だと血糖値が上昇しやすくなります。アメリカの研究でもたった1晩徹夜するだけで代謝に異常が起こり、脂肪の蓄積が促されることが判明したので、「たかが睡眠」と軽く考えることはできません。

歯周病も糖尿病の原因になる

近年の研究で、糖尿病と歯周病の深い関係が分かってきました。日本でも40歳以上の成人に多い歯周病になると、糖尿病の発病率も上がることが突き止められています。

また、糖尿病になることで歯周病も発病しやすくなるので、相互関係があることは間違いありません。

歯周病になって歯茎が炎症を起こすと、インスリンを効きにくくする化学物質も体内に流れ込んでしまいます。その結果、歯周病を治さない限り血糖値が上昇し、糖尿病を発病しやすくなります。

治療後は血糖値もコントロールしやすくなるので、既に歯周病を患っている方はすぐに歯医者さんに予約を入れましょう。

ダイエットのストレスも糖尿病の原因

糖尿病対策の基本は食事制限と運動対策ですが、ストレスも糖尿病の原因になるので、ストイックすぎる計画を立てるのはおすすめできません。

適度なストレスはやる気にもつながります。しかし、強すぎるストレスは血液中のコルチゾールやカテコールアミンなどのストレスホルモンを分泌させます。ストレスホルモンが増えるほどインスリンの働きも低下し、血糖値が上昇する悪循環に陥ります。

せっかくの努力を無駄にしないためにも、適度に励むことが大切です。特に食事制限はイライラの原因になるので、大好物を我慢しすぎるのもよくありません。

当社で扱っているドクターズチョイス「フェーズ2プラス」は炭水化物をブロックし、糖と脂質の代謝を促進する成分が凝縮されているので、ラーメンなどを食べたい時にも役立ちます。

食べる前に1杯飲むだけで血糖値の急上昇を抑える「プレミアムスーパーフード」も、スイーツ系のご褒美を食べる時に重宝します。サプリを有効に活用することで “ご褒美フード”も食べやすくなり、日々のストレスが激減します。

食事制限のストレスはサプリで軽減

食事制限でストレスに感じるほどの計画を立てるのは禁物。ストレスもインスリンの効きを低下させてしまいます。

当社が扱っているサプリの中には、糖尿病対策に効くものが10種類以上揃っています。例えば、食後高血糖の上昇をブロックする効果があるのは、食欲を抑える働きもある「ドクターズチョイス フェーズ2プラス」。

マイタケオール」には、インスリン抵抗性を改善する特許成分が入っています。サプリの力を上手に利用し食事制限のストレスを解消できます。

運動するとインスリンが出やすくなる

運動も糖尿病の予防や改善に欠かせない大切な要素です。身体をしっかり動かすとインスリンも出やすくなります。週に3日程度のウォーキングやジョギングを習慣にしましょう。

サプリを活用すると運動でも効果が倍増します。血流を改善し運動性を上げると評判のアルギニンは、当社でも糖尿病対策用のサプリとして扱っています。

ドクターズチョイス「アルギニン5000シトルリン2000プラス

アルギニンの血糖値を下げる働きは強力で、肥満や合併症を予防する効果があります。治療薬のように低血糖を起こす心配がないので、運動対策のパートナーにぴったりです。

最低限の努力で最高の結果を得られるようサプリをフル活用しましょう。

この記事の監修ドクター
自然療法医 ヴェロニカ・スコッツ先生
アメリカ、カナダ、ブラジルの3カ国で認定された国際免許を取得している自然療法専門医。
スコッツ先生のプロフィール
https://gluco-help.com/media/lose-weight-diabetes27/

糖尿病による壊疽の早期発見と予防法とは?前のページ

糖尿病になると骨粗鬆症になりやすい!?骨折しやすくなる理由と対策とは次のページ

ピックアップ記事

  1. HbA1cの数値を下げる実践的な方法とは
  2. 自己測定器での血糖値の測り方は意外と簡単です
  3. 1型糖尿病は遺伝するのか?1型糖尿病について詳しく調べてみた

関連記事

  1. テーマ:糖尿病

    糖尿病の薬物療法の種類や副作用について

    糖尿病と薬物療法に関する基礎知識弊社の商品開発チームの医師監修…

  2. テーマ:糖尿病

    妊娠糖尿病

    妊娠糖尿病になりやすい日本人妊婦さん以外にはあまり知られていません…

  3. テーマ:糖尿病

    糖尿病で透析治療が始まった場合の余命は?知っておくべき費用・食事・予防方法

    糖尿病による人工透析治療に関する基礎知識弊社の商品開発チームの医師…

  4. テーマ:糖尿病

    適切な石鹸の使用で糖尿病フットケアの効果をアップ

    フットケアに関する基礎知識弊社の商品開発チームの医師監修Q. …

  5. テーマ:糖尿病

    糖尿病患者とブドウ糖の関係とは

    糖尿病とブドウ糖に関する基礎知識弊社の商品開発チームの医師監修…

  6. テーマ:糖尿病

    若い人の糖尿病が急増中

    若い人の糖尿病に関する基礎知識弊社の商品開発チームの医師監修Q…

おすすめ記事

最近の記事

  1. 糖尿病かも?と思ったら、何科に行けばいい?
  2. ヨーグルトで血糖値を下げることは可能です
  3. 糖尿病で痩せはじめたら末期?痩せてしまう原因は?
  4. 血糖値500mg/dlになるとかなり危険な状態
  5. HbA1cの数値を下げる実践的な方法とは
  1. 糖尿病:症状

    糖尿病と蕁麻疹(じんましん)の関連とは?
  2. テーマ:糖尿病

    HbA1cの数値を下げる実践的な方法とは
  3. 血糖値

    血糖値とは血液中のグルコースのことで異常があると様々な困難が生じます
  4. 血糖値

    血糖値500mg/dlになるとかなり危険な状態
  5. 糖尿病:食事

    血糖値にコーヒーは良い効果があり糖尿病の予防にもなります
PAGE TOP