特集ページ

糖尿病の人に喜ばれるプレゼント

糖尿病の人に喜ばれるプレゼントの基礎知識

弊社の商品開発チームの医師監修
Q. 糖尿病の人には食べ物をプレゼントしない方がいいですか?
A. 食事療法などでカロリー制限、糖質制限を行っている場合があるため、家族以外には贈らない方が良いでしょう。母の日や父の日でプレゼントする場合は、低糖質スイーツなどがおすすめです。

この記事の監修ドクター
自然療法医 ヴェロニカ・スコッツ先生
アメリカ、カナダ、ブラジルの3カ国で認定された国際免許を取得している自然療法専門医。
スコッツ先生のプロフィール
https://gluco-help.com/media/lose-weight-diabetes27/

糖尿病の人にプレゼントするならお茶が最適って本当?

糖尿病の人へプレゼントを贈りたいと思ったとき、「どんなものを贈ればいいのだろう?」「お菓子や食べ物は良くないのかな?」など、とても悩みますよね。

糖尿病で治療をしている人には、カロリーや糖質の心配がない「お茶のプレゼント」がおすすめです。
食事療法により、厳しいカロリー制限や糖質制限を行っている人からも喜ばれるでしょう。

特に、緑茶や抹茶にはカテキンの一種である「エピガロカテキンガレート(EGCG)」と呼ばれる成分が豊富に含まれています。

緑茶のカテキンには、高い抗酸化作用があることが知られていますが、なかでも「エピガロカテキンガレート」の抗酸化力は非常に強力です。

糖尿病を患っていると、日々の血圧や血糖値のコントロールが欠かせませんが、緑茶に含まれるカテキンは、血圧や血糖値、体脂肪、脂質を改善する作用があるといわれているのです。

さらに、抹茶成分には「ストレス軽減効果」や「リラックス効果」があることもわかっています。糖尿病の治療や通院を継続していると、時には心が疲れてしまうものです。

健康にもプラスとなる美味しいお茶をプレゼントして、ゆったりとした気分の素敵な時間を過ごしてもらいましょう。

糖尿病におすすめのお茶ギフトは?


糖尿病を治療している方にお茶のプレゼントをするときには、自分では普段なかなか購入しないような「ちょっといいお茶」を贈るのがおすすめです。

最近では、ネット通販でも予算に合わせたお茶ギフトを注文しやすくなっています。
誕生日やクリスマスをはじめ、父の日や母の日にぴったりの包装やラッピングをしてもらえば、素敵なプレゼントとなるでしょう。

前述した通り、糖尿病の人におすすめのお茶ギフトは「緑茶」です。
もちろん量にもよりますが、予算2,000~5,000円程度でも、香りの良い美味しいお茶をギフトボックスに入れてプレゼントできます。

また、紅茶の詰め合わせギフトもおすすめです。

紅茶の瓶や缶などのパッケージは、思わず気分が上がるような可愛らしいものも多く、糖尿病に限らず女性が貰って嬉しいプレゼントのひとつといわれているほどです。

早稲田大学で行われた研究によると、紅茶には「血糖値上昇」を抑制する効果があることがわかっています。
糖の分解を行うアミラーゼやマルターゼ、スクラーゼなどの酵素の働きを抑えて、糖の吸収量を減らすといいます。

その結果、血糖値が上昇しにくくなるのです。

糖尿病で治療を行っている人は、毎日の血糖コントロールが欠かせません。
食事療法や運動療法、そして薬物療法によって、できるだけ血糖値が高くならないように努力を重ねて管理しています。

紅茶は、その血糖コントロールの手助けをしてくれる飲み物です。
プレゼントするときには「毎日の健康管理にお役立てください。」などとメッセージを添えても素敵ですね。

紅茶に限らずプレゼントで喜ばれるのがお茶です
糖尿病の人以外でもダイエットに興味のある人も当然飲んでいいお茶です
カフェインフリーなので寝る前もOK
ギフトで人気のお茶がこちらのグルコティーです

>>糖尿病専門医推奨の5つのハーブ配合
糖の吸収をゆるやかに

糖尿病治療中の人へ食べ物をプレゼントしても大丈夫?

糖尿病を治療中の方は、医師から指導された食事療法を実践していることがほとんどです。
そのため、安易に食べ物をプレゼントするのは避けた方が無難でしょう。

たとえ本人が「甘いものが好き」「味の濃いものが食べたい」と話していたとしても、その方の健康面に配慮するなら、決して贈ってはいけません。

もしも、糖尿病の人に「どうしても食べ物をプレゼントしてあげたい」と思う場合には、糖質ゼロやカロリーゼロの食品を選ぶと良いでしょう。

カロリーが少ない豆腐などもおすすめです。こだわりの大豆を使用した、ちょっと高級なお豆腐の詰め合わせならプレゼントとしても見劣りしません。

普段の食事では、なかなか高級豆腐を購入して食べることは少ないはずなので、きっと喜ばれるはずですよ。

また、糖尿病患者さんの間食に最適といわれている「ナッツ類」のセットもおすすめします。

特に、アーモンドやくるみ、ピスタチオなどは、血糖値の急上昇を抑える効果があるため、糖尿病を治療している方にも嬉しいプレゼントとなるでしょう。

ただし、塩分の過剰摂取にならないよう「食塩不使用」の素焼きナッツを贈るのが鉄則です。

完全無添加のこだわり素材を使用したミックスナッツは、抗酸化作用の高いビタミンEや、高血圧予防に効果的なカリウム、マグネシウムなどのミネラルを豊富に含んでいるため、健康に気を遣っている方へのプレゼントにも最適です。

糖尿病の人にお菓子をプレゼントしてもいい?

バレンタインをはじめとしたイベントでは、「糖尿病の人にお菓子を贈っていいの?」「チョコレートはプレゼントしない方がいい?」と悩んでしまいますよね。
基本的には、糖尿病を治療している患者さんにお菓子をプレゼントすることは、やめておいた方がいいです。

その理由としてあげられるのは、糖尿病の方は毎日の摂取カロリーや脂質、糖質などを細かく制限されていることが多いという点です。普段から、さまざまなお菓子を我慢している方も少なくありません。

できるだけ食べないようにするために、自分では買わないよう努力したり、家に置かないよう心がけているケースも多いのです。

しかし、糖尿病患者さんでも「甘いお菓子を食べたい」という欲求は当然ながら持っているため、プレゼントされると思わず食べてしまいます。

その結果、血糖値の上昇を招き、最悪の場合には網膜症や腎症、神経障害などの重い糖尿病合併症の発症にもつながる場合があるので、プレゼントする側も注意が必要です。

もし、「たまには甘いお菓子を食べさせてあげたい」と思ったときには、糖質を大幅にカットしたスイーツや砂糖不使用のお菓子がおすすめです。
日本では、シャトレーゼ(Chateraise)から販売されている糖質カットスイーツが安心でしょう。

糖尿病に詳しい医師が監修し、日本糖尿病学会や日本栄養改善学会芸術総会などでも正式にレポートが発表されている低糖質シリーズです。

チーズケーキやどら焼き、生チョコレート、エクレア、シュークリーム、ロールケーキなどの豊富なラインナップが特徴で、通販も取り扱っているので全国どこからでも注文することができます。

 

糖尿病のお母さんへ贈りたい母の日プレゼント


糖尿病を治療しているお母さんに「母の日のプレゼント」を贈るときには、前述したような低糖質スイーツや緑茶・紅茶のセットがおすすめです。

カーネーションなどのお花を添えると、母の日らしくなって喜ばれるでしょう。

また、糖質カットのチョコレートと血糖コントロールにも良いとされているアーモンドを使用した「アーモンドチョコレート」も人気です。

ラカントと呼ばれる自然派甘味料を使用したチョコレートは、カロリーと糖質が非常に少なく、糖尿病の方でも安心して食べることができるのが特徴です。

ラカントは、羅漢果(ラカンカ)エキスと、トウモロコシから抽出した天然甘味成分「エリスリトール」を原料に作られる甘味料で、人工甘味料より身体にも優しいといわれています。

1粒あたりの糖質量が0.19gほどしかないアーモンドチョコレートも販売されているため、普段は甘いものを我慢しているお母さんにも、きっと喜ばれるプレゼントになるでしょう。

その他にも、食事療法で使える「カロリースケール」、運動療法が楽しくなるお洒落なウォーキングシューズ、スポーツタオルなどもおすすめです。

女性はいくつになっても、可愛いものやオシャレなグッズが大好きなので、糖尿病の治療を少しでも明るい気持ちで取り組めるようなプレゼントを選ぶのも素敵ですね。

糖尿病のお父さんへ贈りたい父の日プレゼント


「父の日には、いつもお酒を贈っていた」という方も少なくないでしょう。
しかし、糖尿病を治療しているお父さんには、お酒のプレゼントはあまりおすすめできません。

最近では、糖質が少ないお酒もさまざまな種類が販売されていますが、お酒に含まれるアルコール自体が血糖コントロールや血圧管理に悪い影響を与える可能性が大きいためです。

いつまでも元気で長生きしてほしいと願うなら、運動療法に役立つアイテムをプレゼントしましょう。
スポーツシューズやタオル、靴下はもちろんのこと、歩数計や活動量計なども喜ばれます。

糖尿病患者さんは、良好な血糖コントロールをするために「食事療法」と「運動療法」が大きな柱となりますが、食事に関しては奥様に任せきりだという方も多いでしょう。

しかし、運動療法は自分の意思で努力しなければならないため、「面倒だから」「疲れているから」などと言い訳をしつつ、サボりがちになってしまうものです。

また、万歩計で1日に歩いた歩数を計測していても、消費カロリーがどれくらいなのかをしっかりと把握できていない方も多いといいます。そこで活躍するのが、活動量計です。

活動量計は、タニタやオムロンなどの大手メーカーから販売されており、合計歩数、歩行距離はもちろんのこと、消費カロリーまで表示してくれる優れものです。

目標値の設定や達成度の表示も可能なので、運動療法のモチベーションが上がると注目されています。

2,000~8,000円程度のプレゼント予算があれば、さまざまな種類から選ぶことができるので、ぜひ父の日プレゼントの候補にしてみてくださいね。

コーヒーは糖尿病の方へおすすめのプレゼント


糖尿病の人に、ちょっとしたお礼やお祝いでプレゼントを贈るときには、コーヒーもおすすめです。

数多くの研究によって、コーヒーは糖尿病のリスクを低下させる飲み物だということが明らかとなっています。

これは、コーヒーに含まれているポリフェノールの一種である「クロロゲン酸」の作用によるものだと考えられており、1日に3~4杯のコーヒーを飲むと血糖値のコントロールに良い影響を与えるといわれているのです。

「でも、もう糖尿病を発症している人がコーヒーを飲んでも意味がないのでは?」と思った勘の良い方もいるでしょう。

しかし、糖尿病だからこそコーヒーをおすすめしたい理由が2つあります。

1つ目は、コーヒーに含まれるポリフェノール「クロロゲン酸」には、強力な抗酸化作用があるため、糖尿病の方が注意したい「高血圧」を抑制する効果があるということです。

糖尿病になると、膵臓からのインスリン分泌が上手くいかなくなったり、インスリンの効きが悪くなったりして血糖値が高いままとなってしまいます。

高血糖が続くと動脈硬化を起こしやすくなるため、高血圧になりがちです。

コーヒーのポリフェノールは、血管が詰まる原因となるコレステロールの酸化を防止し、動脈硬化や高血圧になりにくい体質へと導いてくれるといいます。

2つ目は、コーヒーにはマグネシウムが豊富に含まれている点です。

糖尿病は、血糖値を下げる働きがあるインスリンの作用が弱まってしまう病気ですが、マグネシウムにはこのインスリンの作用を助ける働きがあるといわれているのです。

糖尿病の人が、毎日3~4杯程度のコーヒーを飲むと糖の代謝が促され、血糖値の上昇が抑制されます。

これらの理由から、「コーヒーが好き」という糖尿病の方には、ちょっと贅沢な美味しいコーヒーをプレゼントすると喜ばれるでしょう。

もちろん、父の日や母の日のプレゼントにもおすすめです。低糖質のスイーツとセットにして贈っても良いですね。

糖尿病の人に喜ばれるプレゼントは他に何がある?

ここまで、糖尿病を患っている方へのプレゼントとして、緑茶や抹茶、低糖質スイーツ、素焼きナッツ、ウォーキングシューズ、タオル、歩数計、活動量計、コーヒーなど、あらゆるギフトをご紹介してきました。

糖尿病を治療している方に喜ばれるプレゼントは、他にどんなものがあるでしょうか。

糖尿病の食事療法といった観点から見れば、低糖質の食品を詰め合わせにした「低糖質セット」もおすすめです。ラーメンやパスタなどの麺類は糖質がかなり高いため、糖尿病を治療している方は制限されがちです。

しかし、最近では糖尿病の方でも安心して食べられるように作られた「低糖質パスタ」や「糖質オフラーメン」なども豊富なバリエーションで販売されています。

通常の麺類と比較しても、30~80%ほどの糖質がカットされているので、糖尿病で食事制限をされている方にも「食べることの楽しみ」を感じてもらうことができます。


また、高級なかつお節や昆布を使用した「無塩だしパック」のギフトなども、とても喜ばれるでしょう。

糖尿病を患っている方の多くは、塩分や糖分の過剰摂取にならないよう、薄味で仕上げた食事を中心に摂るのが良いとされています。

そのため、出汁を上手に活用しながら「旨味」のあるお料理を工夫して作る傾向があるのです。

高級出汁は、自分ではなかなか手が出しにくいお値段ですが、香りも高く上品な旨味が楽しめるので、「もらって嬉しいプレゼント」のひとつといえるでしょう。
ちょっと素敵な箱に入ったギフトセットなら、感謝の気持ちを伝えるプレゼントとしても、年齢を問わず喜んでもらえるはずです。

まとめ

母の日や父の日をはじめ、記念日、誕生日、お祝いなどの際、糖尿病の方へプレゼントを選ぶときには、どんなものを贈ればいいか迷ってしまうものです。

糖尿病で食事療法を行っている人には、お菓子などの食べ物をプレゼントするのは良くないとされています。

しかし、ここ最近では低糖質のスイーツや糖質ゼロのお菓子、カロリーオフの食品など、糖尿病でも安心して食べられるものがどんどん増えてきています。

身内など、近い関係の相手であれば「糖尿病の進行具合」や「食事制限の様子」なども、ある程度は把握しているはずなので、食べ物をプレゼントするのも良いでしょう。


また、毎日の運動療法を少しでも楽しく実践してもらえるような、ウォーキングシューズ、活動量計、歩数計なども喜ばれます。

特に、母の日や父の日のプレゼントにはおすすめです。

可愛い我が子からのプレゼントは、いくつになっても嬉しいのが親心です。

「今日はウォーキングするのが面倒だな」と感じたときでも、我が子からもらったプレゼントを見て、頑張る気持ちが沸いてくるかもしれません。

ぜひ、心のこもったメッセージを添えて、素敵なプレゼントを贈ってみてはいかがでしょうか。

紅茶に限らずプレゼントで喜ばれるのがお茶です
糖尿病の人以外でもダイエットに興味のある人も当然飲んでいいお茶です
カフェインフリーなので寝る前もOK
ギフトで人気のお茶がこちらのグルコティーです

>>糖尿病専門医推奨の5つのハーブ配合
糖の吸収をゆるやかに

成長ホルモンで質の良い睡眠と糖尿病対策前のページ

糖尿病と膀胱炎の関係次のページ

ピックアップ記事

  1. 自己測定器での血糖値の測り方は意外と簡単です
  2. 1型糖尿病は遺伝するのか?1型糖尿病について詳しく調べてみた
  3. HbA1c【 ヘモグロビンA1c 】の数値を下げる実践的な方法とは

関連記事

  1. 特集ページ

    ヨーグルトで血糖値を下げることは可能です

    血糖値をヨーグルトで下げる方法糖尿病を予防するためには、血糖値を上…

  2. 特集ページ

    血糖値の急上昇は糖尿病の原因になり健康を脅かします

    血糖値が急上昇するとなぜ悪い?血糖値は食後上がるのは誰にでも起こる…

  3. メディア

    糖尿病の手帳とは?

    糖尿病の手帳に関する基礎知識弊社の商品開発チームの医師監修Q.…

  4. メディア

    糖尿病は健康診断の結果で分かるのか?注意するべき数値とは

    糖尿病の検査方法に関する基礎知識弊社の商品開発チームの医師監修…

  5. メディア

    糖尿病の症状としての指の状態に注意する

    糖尿病と指に関する基礎知識弊社の商品開発チームの医師監修Q. …

  6. メディア

    糖尿病のメカニズムについて

    糖尿病のメカニズムに関する基礎知識弊社の商品開発チームの医師監修…

おすすめ記事

最近の記事

  1. ヘモグロビンA1cが7.2なのに急遽手術をしなくてはならない…
  2. 【医師監修】ドライマウス、歯周病、歯肉炎も糖尿病の合併症です…
  3. ヘモグロビンA1cとはいったい何のこと【 HBA1c】は【 …
  4. 糖尿病から狭心症を発症、心臓の手術後サプリメントと食事改善で…
  5. ヘモグロビンA1cを下げるには「食事終了後5分以内」の運動が…
  1. メディア

    糖尿病と動脈硬化の関係性とは
  2. 特集ページ

    ヘモグロビンA1cとはいったい何のこと【 HBA1c】は【 糖尿病 】の重要な判…
  3. 特集ページ

    HbA1c【 ヘモグロビンA1c 】の数値を下げる実践的な方法とは
  4. メディア

    糖尿病と蕁麻疹(じんましん)の関連とは?
  5. メディア

    血糖値にコーヒーは良い効果があり糖尿病の予防にもなります
PAGE TOP