特集ページ

成長ホルモンで質の良い睡眠と糖尿病対策

成長ホルモンで質の良い睡眠と糖尿病対策

前回のコーナーで「質の良い睡眠」がとれていないとストレスホルモンが増え、交感神経が休まらず、血糖値が高くなる。「質の良い睡眠」をとる為には「就寝中に成長ホルモンをしっかり分泌させる」事が大事だとお知らせしました。

今回のテーマは「成長ホルモンで質の良い睡眠と糖尿病対策」です。

早速ですが、朝起きた時「疲れ取れていないな~」って思ったこと無いですか?
その様なケースでは、成長ホルモンが充分出ていないので高血糖に注意してください。

健康な人や若い人は、就寝後2時間以内に成長ホルモンが大量に分泌されます。
この成長ホルモンが、疲弊した細胞や筋肉を修復し疲労回復させます。
同時に糖尿病の大敵であるストレスホルモンの分泌を抑え、交感神経も休めます。

ところで朝の血糖値を毎日測っていらっしゃいますか?
血糖値が110以下を目標に頑張ってください。
それ以上の場合は就寝中のストレスホルモン分泌が多く、交感神経が休まっていない可能性があります。
成長ホルモンをしっかり分泌させ、質の良い睡眠を心がけましょう。

では、この成長ホルモンをどうしたらしっかり分泌させる事ができるのでしょうか?
その研究でノーベル賞を受賞した学者がイグナロ博士です。

イグナロ博士はある成分が「成長ホルモンの分泌を促す」ことを発見しました。
そしてさらに研究は進み、その成分が「血管内の一酸化窒素 (NO) の分泌を増やす」ことも発見。

血管内に一酸化窒素 (NO) が増えるとどうなるのか?
血管は拡張し、血液の流れが良くなり高血圧が改善します。
NHKの「ためしてガッテン」でも「一酸化窒素(NO)で高血圧対策」という番組が放送されました。

一酸化窒素 (NO) は高血圧に良いだけではないのです。

血管を柔らかく若返らせます。
臨床実験で動脈硬化対策に有効と証明されました。

では、イグナロ博士が発見した成分とは?

「L-アルギニン」というアミノ酸です。

アルギニンは成長ホルモンの分泌を増やし、糖尿病の大敵ストレスホルモンの分泌を抑え、交感神経を休めます。
さらに一酸化窒素 (NO) を分泌させ、血管を拡張、柔らかくし血管を守ります。

まさに糖尿病の方には、必須のアミノ酸です。

ただし、効果を発揮するためには摂取量が重要です。
イグナロ博士の研究では、最低でも3600mg/日が必要です。
さらにアルギニンの効果を相乗させるシトルリンやビタミンの摂取も必要との事です。

ドクターズチョイスではイグナロ博士が推奨する「成長ホルモンの分泌と一酸化窒素 (NO) の分泌を同時に増やす成分とその配合量」、これをもとに再現したサプリを開発しました。

それがドクターズチョイス「L-アルギニン5000プラス」です。
スッキリしたシトラスオレンジ味で、お水やジュースに混ぜてお楽しみいただけます。


スッキリとしたシトラスオレンジ味が飲みやすく低カロリー。
甘味成分も工夫しているので、糖尿病の方も安心!

アルギニンを5000mg配合しているのは、日本ではドクターズチョイスだけ。

アルギニンサプリにはいろいろありますが、
ほとんどが500mg~1,000mgイグナロ博士の推奨量に全く達していません。

ドクターズチョイスの中でも人気トップ5に入るサプリでおすすめです。
ただし、味がシトラス味ですが正直好き嫌いがあると思います。
でもご心配なく。もし味が気に入らなければご返品ください。
90日以内ならドクターズチョイスは100%全額返金保証しております。
皆様の不満は私どもの本望ではありません。

ドクターズチョイス「L-アルギニン5000プラス」は今の糖尿病の症状改善や、血管への不安を解消すると確信しております。お気軽にお試しください。

おすすめ商品

NO (一酸化窒素) 強化サプリ!
ドクターズチョイス L-アルギニン5000プラス
スッキリしたシトラスオレンジ味で、お水やジュースに混ぜてお楽しみいただけます。
お子様や妊娠中、及び授乳期の女性は、ご使用をお控えください。
推奨用量以上の摂取はお控えください。

詳細はコチラ

 

血糖値の急上昇は糖尿病の原因になり健康を脅かします前のページ

糖尿病の人に喜ばれるプレゼント次のページ

ピックアップ記事

  1. 1型糖尿病は遺伝するのか?1型糖尿病について詳しく調べてみた
  2. 自己測定器での血糖値の測り方は意外と簡単です
  3. HbA1c【 ヘモグロビンA1c 】の数値を下げる実践的な方法とは

関連記事

  1. メディア

    糖尿病が完治する可能性について

    糖尿病の完治に関する基礎知識弊社の商品開発チームの医師監修Q.…

  2. メディア

    糖尿病では爪切りに要注意!傷と感染を防ぐために

    糖尿病患者の爪切りに関する基礎知識弊社の商品開発チームの医師監修…

  3. 特集ページ

    糖尿病には種類がありそれぞれの種類で原因も違います

    糖尿病の原因は何?薬による糖尿病治療には、基本的に飲み薬と注射の2…

  4. 特集ページ

    糖尿病から狭心症を発症、心臓の手術後サプリメントと食事改善で【 ヘモグロビンA1C 】が5.8に下が…

    3ヵ月前に心臓の手術をしたお客様からお手紙とメールをいただきました。…

  5. 特集ページ

    糖尿病と吐き気の関係とは?危険な状態になることも

    糖尿病と吐き気に関する基礎知識弊社の商品開発チームの医師監修Q…

  6. メディア

    糖尿病患者とブドウ糖の関係とは

    糖尿病とブドウ糖に関する基礎知識弊社の商品開発チームの医師監修…

おすすめ記事

最近の記事

  1. ヘモグロビンA1cが7.2なのに急遽手術をしなくてはならない…
  2. 【医師監修】ドライマウス、歯周病、歯肉炎も糖尿病の合併症です…
  3. ヘモグロビンA1cとはいったい何のこと【 HBA1c】は【 …
  4. 糖尿病から狭心症を発症、心臓の手術後サプリメントと食事改善で…
  5. ヘモグロビンA1cを下げるには「食事終了後5分以内」の運動が…
  1. メディア

    糖尿病と蕁麻疹(じんましん)の関連とは?
  2. 特集ページ

    ストレスで血糖値が上昇し長期間の強いストレスは糖尿病発症のリスクを高める
  3. 特集ページ

    HbA1c【 ヘモグロビンA1c 】の数値を下げる実践的な方法とは
  4. 特集ページ

    ヘモグロビンA1cとはいったい何のこと【 HBA1c】は【 糖尿病 】の重要な判…
  5. 特集ページ

    血糖値とは血液中のグルコースのことで異常があると様々な困難が生じます
PAGE TOP