メディア

サプリメントで糖尿病管理

糖尿病とサプリメントに関する基礎知識

弊社の商品開発チームの医師監修
Q. サプリメントで糖尿病は改善できる?
A.できます。食事療法と合わせて相乗効果を得ることができます。

サプリメントで糖尿病の症状を改善

糖尿病と診断されたら医師の指導のもと、すぐに治療を始めましょう。糖尿病は一度発症したら完全には治らない病気ではありますが、発症しても向き合って病気をよく知ることで、改善が望めます。

また、家族に糖尿病患者が多い場合などは、自分にも糖尿病予備軍の可能性があることを早めに自覚し、その日から生活習慣を改善しましょう。

改善する方法の1つとして食事療法があります。糖尿病には必要な栄養素を毎日充分に摂る必要がありますが、そのすべてを食べ物から摂るのは難しいので、手軽にサプリメントを生活に取り入れることが効果的です。

どのサプリメントを選ぶべきか

サプリメントは継続して摂取し続けることが大事なので、まず、信頼のおけるメーカーを探しましょう。メーカーを選ぶ際のいくつかのポイントを紹介します。

  1. 材料の記載があり、天然素材で作られている
  2. 成分が正確に単位付け(mg、μg、IUなど)で表示されている
  3. 加工方法が適切である
  4. 目的に応じて適切な量の栄養成分が含まれている
  5. 同じ成分なら安いほうがよいと判断するのは間違い。天然素材で丁寧に作るためにはある程度費用がかかる
  6. 商品の宣伝が“個人の体験”だけのものでなく、医学的証拠も記載されている

上記のポイントを押さえたうえで、糖尿病にとって必要な栄養素を摂ることができ、さらに血糖値のコントロールなどで糖尿病の症状を改善する相乗効果が実証されているサプリメントを選ぶことが重要となります。

糖尿病にサプリメントを使うメリット

先にも述べましたが、食事療法を取り入れるうえで、糖尿病予防や高血圧予防が期待できる食品を毎日摂取することは効果的です。

しかし、食べ物だけで充分な栄養素を補おうとすると、たくさんの量の食品を食べなくてはならず、非現実的です。

また、糖尿病により、食事療法を始める際に、1日3食充分な栄養素をとり入れながら献立を決めることは、慣れないうちは大変な作業です。そして、必要な成分を充分に摂ろうとして、栄養素とともに、食品に含まれる糖質や塩分も同時に過剰摂取してしまう可能性もあります。

この点において、サプリメントで必要な栄養素の成分のみを簡単に摂取することは、効率がよくストレスも軽くなり、大きなメリットがあります。

また、1粒に相性のよい複数の成分が組み合わされた相乗効果のあるサプリメントを選ぶことにより、ひとつひとつの成分単体で得られる以上の結果を上げることもできます。

たとえば、ギムネマの栄養素は、ニガウリやステビアと一緒に摂取することで相乗効果が得られます。ギムネマがブドウ糖の吸収をブロックし、血糖値を健常維持に働かせ、同時に、ニガウリとステビアはインスリンの機能を高め、血糖値を安定させる働きをします。

このように、高機能のサプリメントを上手に使い、1日3食しっかりと糖尿病予防に添った食事を心がけ、質の高い食生活を維持していきましょう。

 

糖尿病に効果のある栄養素

これまで臨床実験の結果により、糖尿病予防への効果が認められた栄養素は下記になります。

① グリスリンの効能
・インスリン抵抗性を強力に改善。血糖値とヘモグロビンA1c値を低下し、合併症の進行を予防します。

② ギムネマ抽出物の効能
・甘いものが食べたいという欲求を抑えます。インスリン分泌をサポートし、脂肪蓄積を抑制します。

③ ニガウリ抽出物の効能
・ビタミンCとカロチンが豊富です。苦味成分のモモルデシンとチャランチンが、血糖値やコレステロールのコントロールをサポートします。また、インスリンに似た働きをする「食物インスリン」を含みます。

④ シナモンの効能
・アメリカ糖尿病学会で、シナモンには血糖値を下げる効果があると立証されました。

⑤ クロムの効能
・クロムは脂肪の分解をサポートすることが証明されています。特に糖尿病、糖尿病予備軍の方の多くはクロムが不足しています。このクロムを補充することで、糖質制限の効果をさらに高めることができます。

⑥ 亜鉛の効能
・新陳代謝、免疫力をサポートします。インスリンを作るために必要不可欠です。

⑦ マグネシウムの効能
・インスリンの働きに欠かせない成分です。体内で作ることができないので、サプリメントや食品から摂ることが必要です。

⑧ マンガンの効能
・脂肪燃焼を促進します。中性脂肪、コレステロール値を改善し、インスリンの合成をサポートする成分です。

⑨ ビタミンEの効能
・強い抗酸化作用が認められています。コレステロール値を改善します。

糖尿病予防におすすめの市販のサプリメントとは

現在、市販で買えるおすすめのサプリメントとしては、品質世界No.1を常に追及し続けるドクターズチョイスが人気です。

ドクターズチョイスは、もっともサプリメントの基準が厳しい国アメリカで創業され、トップレベルの研究者や専門医と共に商品を作っています。またこの会社は、先に挙げた「サプリメントを選ぶ際のポイント」のすべての項目をクリアしています。

ドクターズチョイスのサプリメントのよい点は、高品質な自然派原料を多く含むことです。ハーブの原料はヨーロッパ各国の厳しい基準をクリアした、ヨーロッパ原産のハーブだけを使用しています。

またドクターズチョイスは、アメリカに本拠地を置き、製造・管理を行なっています。サプリメントは毎日口にするものだからこそ、製品の安全性を厳しく見つめ、体に無理なく続けられる製品を揃えています。

ホームページでは、研究者や専門医たちの紹介や商品の細かい説明、そしてたくさんの方からの体験談や、情報も紹介されています。

次の章では、そのドクターズチョイスがおすすめしている、血糖値を下げるサプリメントの成分などを含めて詳しく紹介します。

ドクターズチョイスの血糖値を下げるサプリメント

現在ドクターズチョイスがおすすめしている血糖値を下げるサプリメントは4つあります。

① マイタケオール
② グルコサポート
③ グルコティー
④ フェーズ2プラス

ドクターズチョイスの糖尿病予防のサプリメントは、糖尿病予防に効果がある有効成分が1粒にぎっしりとまとまっているため、効率的に充分な栄養素を毎日摂取できます。

下記に商品の詳細と数々の臨床実験の結果を紹介します。

① マイタケオール「グリコプロテイン(グリスリン)」

アメリカ糖尿病学会も注目の成分「グリコプロテイン(グリスリン)」とは、マイタケに含まれる成分です。

<マイタケオールの成分 1回分3粒あたり>
グリスリン58mg
マイタケパウダー750mg
マイタケエキス 325mg
ローズヒップパウダー 150mg
シトラスフラボノイドパウダー 100mg

インスリン抵抗性を強力に改善し、高血糖・高血圧・高脂血・メタボリックシンドロームに対して効果が期待できることが数々の臨床実験で実証されています。

臨床実験①
糖尿病(2型糖尿病)で薬物治療を受けている19人の患者に、グリスリンのサプリメントを12週間摂ってもらい、空腹時の血糖値やヘモグロビンA1c、血中インスリン量などの変化を調べました。
通常、ヘモグロビンA1cは非常に下がりにくいため、これが下がるということは、グリスリンが高血糖に非常に有効であることを示します。
試験を行った結果、8週目には空腹時の血糖値やヘモグロビンA1cが低下し、それにともなって、過剰だった血中のインスリン量も減少しました。
「高い血糖値」と「過剰だった血中のインスリン量」が同時に減少するということは、インスリンが正常に作用し、その結果として血液中に過剰摂取になっていた糖が細胞に取り込まれたということです。

臨床実験②
1型糖尿病ラットにマイタケ抽出物(グリスリン)を摂取させました。
その結果、血糖値が低下しインスリン感受性が向上しました。
また、血圧を上げる物質レニン-アンジオテンシン系の活性が抑制され、血圧低下効果も示されました。

グリスリンは米国特許を取得しています。(特許番号:No.7214778)
また、糖尿病になったら積極的に摂るべき抗酸化成分として、「血糖値を抑制する効果」のローズヒップパウダーと、「血行を改善する効果」のシトラスフラボノイドパウダーをたっぷり配合し、これらはグリスリンの効果とも相性抜群です。

グルコサポート

酸化作用のある16種のハーブやミネラルの相乗効果で、血液中のブドウ糖をコントロールして、健康的な血糖値の維持をサポートします。

<グルコサポートの主な成分 1回分3粒あたり>
ビタミンE 100IU
マグネシウム400mg
亜鉛(L-OptiZinc)15mg
マンガン5mg
クロミウム(ChromeMate)400mcg
ギムネマ・シルベスタ 茎 抽出物400mg
ゴーヤ果実 抽出物200mg
エルサレム・アーティチョーク(キクイモ)果実 抽出物 100mg
フェヌグリーク種 抽出物 100mg
シトラスバイオフラボノイド 100mg
マリアアザミ種 抽出物50mg
アルファリポ酸 25mg
イチョウ 葉 抽出物20mg
ビルベリー 果実 抽出物20mg
バナジウム 5mg
オオバナサルスベリ葉 抽出物(GlucoHelp)2.7mg

糖尿病を患うと、3つのミネラル(亜鉛、クロム、マグネシウム)が多量に尿中に排泄されるようになります。

例) 健康な人 – 1日の亜鉛排出量は平均0.4mg
糖尿病患者 – 1日の亜鉛排出量は平均1.2mg(健康な人の3倍)

亜鉛が不足すると、インスリンの合成・貯蔵・分泌が悪化します。
またマグネシウムやクロム不足で、インスリンが効率よく使われなくなると、すい臓は必死にインスリンを分泌させ疲弊していきます。そのためすい臓を休ませて、回復させる必要があります。

これらのことから、糖尿病患者においてこれら3つのミネラルを補給することはとても重要となります。ドクターズチョイス グルコサポートは、不足したマグネシウムやクロムなどのミネラルを補給し、すい臓の負担を減らして、血糖値をコントロールしながら合併症を予防します。

以下はグルコサポート開発にかかわる臨床実験のデータです。
臨床実験① 糖代謝の改善
進行した肝硬変患者15人に、L-OptiZinc(亜鉛)を1日600mg、2~3か月間摂取させた実験で、肝機能の改善のほか、10人の患者の糖耐性試験において、糖代謝の改善が見られました。これは、血中の糖質を細胞へ搬送する能力を高めたためと考えられています。

臨床実験②
無作為の二重盲検法による40人の被験者を対象に、ジョージタウン大学とクレイトン大学の研究者によって行った研究で、ChromeMate(クロミウム400mcg含有)を3か月間毎日摂取したところ、健康的なコレステロール値を保つことができました。

臨床実験③ 空腹時血糖値と食後血糖値の推移
糖尿病ではない12人の被験者(平均年齢58歳、平均BMI値25)を対象とし、GlucoHelp(コロソリック酸〔オオバナサルスベリ抽出物〕10mg含有)を1日1粒、2週間摂取させ、空腹時血糖値と食後血糖値(炭水化物の食事後30分、60分、120分)を調べました。
実験開始後1週間で、GlucoHelp投与群の空腹時の血糖値と食後の血糖値は、投与前よりも3~10%低下し、さらに2週間後には、9~12%低下したことが明らかとなりました。体重、BMI値についても同様の結果が見られました。
本実験で、糖尿病予備軍(空腹時血糖値が110mg/dL以上)と考えられる被験者が見られ、GlucoHelpは糖尿病予備軍の被験者に対し、空腹時の血糖値と食後血糖値の低下作用が最も顕著にあらわれました。

補足: L-OptiZinc、ChromeMateは、InterHealth社が特許を取得しているブランドです。GlucoHelpはOpitpure社の登録商標です。
グルコサポートの細かい成分はこちらから確認できます。

グルコティー

糖尿病及び予備軍の人が摂るべき5大食品のうち、トップ4を配合したのがドクターズチョイスのグルコティーです。

アメリカの糖尿病学会が発表した「糖尿病および予備郡の人が摂るべき5大食品」
第1位 ギムネマ
第2位 ニガウリ
第3位 シナモン
第4位 ステビア
第5位 カテキン

糖尿病の原因は主に2つです。
①糖のとりすぎ(炭水化物、スナック、甘いものなどの過剰摂取)
②インスリンの分泌不足と機能低下

その結果、血管内には「糖」があふれ、日々血管を傷つけ、血管の老化が加速しています。グルコティーの4つの成分はこれらの原因を解消し、血管の老化を抑制します。

糖尿病の人は高血糖により、インスリンがうまく働かないため、血液中の糖を適切に細胞・筋肉に運ぶことができません。グルコティーに含まれる、血糖値を下げる効果がある5つのハーブの成分で働きを活性化させることで、糖の代謝を促進させます。

<血糖値を下げる効果がある5つのハーブ>

・ ギムネマ
・ ステビア
・ ニガウリ
・ シナモン
・ カモミール

「食事と一緒に飲むこと」で糖と脂肪の吸収を効果的におさえます。
また、さらなる品質を追求し、コレステロールや血中脂肪を下げるシナモン、リラックス効果の高いカモミールも配合し、糖尿病の方の抱える悩みを解消してくれるハーブティーです。
カフェインフリーなので、睡眠障害のある方や就寝前にも、リラックスのお茶として、おいしくいただけます。

フェーズ2プラス

低炭水化物ダイエットを強力にサポートするサプリメントです。
以下3つの有効成分が食後の血糖値上昇をブロックします。

フェーズ2: 炭水化物を消化せず、そのまま排出させます
クロム:脂肪の分解を促進します
ギムネマ:糖の吸収をブロックします

<フェーズ2の成分 1回分1粒あたり>
フェーズ2  500mg
クロム 100μg
ギムネマ 100mg

フェーズ2はαアミラーゼの分泌をおさえることが証明されています。そのため、炭水化物はブドウ糖に分解されず、そのまま便となって排出されます。フェーズ2を飲まないと、食べた炭水化物は100%ブドウ糖に変化し、体に吸収され脂肪に変化します。
フェーズ2を食事前に飲んでおくと、食べた一部の炭水化物はブドウ糖に変化せず排出されます。

<フェーズ2はこんな方におすすめ>
・食後の血糖値の上昇を抑えたい方
・甘いものをついつい食べ過ぎてしまう方
・インスリンの働きに問題がある方(注1)

(注1)現在インスリン注射の治療中の方は、インスリンを打ちながらフェーズ2を飲むと血糖値が下がりすぎて低血糖になってしまう場合がありますので、ご注意ください。

フェーズ2プラスの人気の秘密は、このサプリメントを「飲んだとき」と「飲まなかったとき」の食後の血糖値の違いが歴然なところにあります。
また、過剰に摂りがちな糖質のブロック、糖と脂質の代謝促進、そして食欲抑制の3拍子がそろったサプリメントです。

高品質な自然派原料で、体に無理なく血糖値対策ができます。自然派原料であるだけでなく、その効果は数々の臨床実験で証明されているので安心です。
以下ではフェーズ2の開発に当たって行われた臨床実験内容を紹介します。

臨床実験①
米国カリフォルニア大学ロサンゼルス校の研究(2007年)

フェーズ2の炭水化物吸収阻害と減量効果の検証において、二重盲検試験により健康な被験者25名を無作為に2つのグループに分け、下記のプログラムのいずれかを4週間実行後効果を測定。

①食事・運動を含める減量プログラム+フェーズ2(1,000mg/1日2回)
②食事・運動を含める減量プログラム+プラセボ(偽薬)

【結果】2つのグループでは体重の変化には有意差はみられなかった。しかし、炭水化物をもっとも多く摂取した被験者のみを比較した場合、フェーズ2グループでは体重とウエストのサイズが有意に低下していたことがわかった。
【考察】フェーズ2には炭水化物吸収阻害効果があり、炭水化物の摂取量が多いほど効果は高まる。

臨床実験②
米国カリフォルニア大学ロサンゼルス校の研究(2004年)

フェーズ2の肥満傾向の人に対する体重減少とトリグリセリド低下作用の検証において、二重盲検試験により、肥満傾向の被験者50名を無作為に2つのグループに分け、8週間フェーズ2(1,500mg)もしくはプラセボ(偽薬)を昼食後と夕食後の1日2回摂取した後効果を測定。

【結果】フェーズ2グループの体重減少量はプラセボグループの2倍以上、トリグリセリド値の減少量は3倍も低くなった。
【考察】フェーズ2には減量作用とトリグリセリド値低下作用がある。

臨床実験③
2型糖尿病患者の血糖コントロールに対する経口クロム補充の有益な効果: 無作為臨床試験。
ブラジル北大河連邦大学の研究(2015年)

2型糖尿病患者において経口クロム補充が血糖値コントロールに効果があるかどうかを検証。実験方法は、血糖値コントロールが難しい2型糖尿病患者71名を無作為に2つのグループに分け、下記のプログラムのいずれかを4か月間実行した後効果を測定した。

①米国糖尿病学会(ADA)ガイドラインの食事と処方薬+クロム600mcg/日
②米国糖尿病学会(ADA)ガイドラインの食事と処方薬+プラセボ(偽薬)

【結果】クロムを摂取したグループでは空腹時血糖値、食後血糖値、HbA1c値において数値が有意に低下した。
【考察】経口クロム補充は2型糖尿病患者の血糖値コントロールに役立つ。

まとめ

今回は、「糖尿病はサプリメントで改善できるのか」についてまとめてみました。

糖尿病を予防するためには、まず、食事療法と運動療法を取り入れ、生活習慣を改善することです。そのうえで、糖尿病予防のために、研究開発されたサプリメントを取り入れることは、大きなメリットがあります。

サプリメントの選び方としては、「高品質な原料」と「充分な含有量を配合している製品」、「製造元が信頼できる会社」であるかを確認することが大切です。その信頼できるサプリメント製造会社として、もっともサプリメントの基準が厳しい国であるアメリカで創業され、世界一を目指して、トップレベルの研究者や専門医と共に商品をつくっているドクターズチョイスをおすすめしました。

糖尿病の方も、予備軍の方も、早いうちから体質や生活習慣を改善していく意識を持つことが、高い予防効果につながります。まずはご自分に合った方法で、毎日改善を続けていきましょう。

この記事の監修ドクター
自然療法医 ヴェロニカ・スコッツ先生
アメリカ、カナダ、ブラジルの3カ国で認定された国際免許を取得している自然療法専門医。
スコッツ先生のプロフィール
https://gluco-help.com/media/lose-weight-diabetes27/

 

糖尿病と年齢の関係とは前のページ

血糖値を下げるのに欠かせない運動を効率良く行うポイント次のページ

ピックアップ記事

  1. 1型糖尿病は遺伝するのか?1型糖尿病について詳しく調べてみた
  2. HbA1c【 ヘモグロビンA1c 】の数値を下げる実践的な方法とは
  3. 自己測定器での血糖値の測り方は意外と簡単です

関連記事

  1. 特集ページ

    糖尿病と痛風の関係について

    糖尿病と痛風に関する基礎知識弊社の商品開発チームの医師監修Q.…

  2. メディア

    糖尿病の手帳とは?

    糖尿病の手帳に関する基礎知識弊社の商品開発チームの医師監修Q.…

  3. メディア

    糖尿病とストレスの関係性

    糖尿病とストレスに関する基礎知識弊社の商品開発チームの医師監修…

  4. メディア

    子供の糖尿病とは?その予防と対処法

    糖尿病に関する基礎知識弊社の商品開発チームの医師監修Q. 子供…

  5. メディア

    糖尿病の症状としての指の状態に注意する

    糖尿病と指に関する基礎知識弊社の商品開発チームの医師監修Q. …

  6. メディア

    過度な食事制限は不要!食事の順序を工夫するだけで楽に血糖値が下がる理由

    過度な食事制限は不要!食事の順序を工夫するだけで楽に血糖値が下がる理由…

おすすめ記事

最近の記事

  1. ヘモグロビンA1cが7.2なのに急遽手術をしなくてはならない…
  2. 【医師監修】ドライマウス、歯周病、歯肉炎も糖尿病の合併症です…
  3. ヘモグロビンA1cとはいったい何のこと【 HBA1c】は【 …
  4. 糖尿病から狭心症を発症、心臓の手術後サプリメントと食事改善で…
  5. ヘモグロビンA1cを下げるには「食事終了後5分以内」の運動が…
  1. 特集ページ

    血糖値とは血液中のグルコースのことで異常があると様々な困難が生じます
  2. 特集ページ

    血糖値500mg/dlになるとかなり危険な状態
  3. メディア

    血糖値にコーヒーは良い効果があり糖尿病の予防にもなります
  4. 特集ページ

    ヘモグロビンA1cとはいったい何のこと【 HBA1c】は【 糖尿病 】の重要な判…
  5. メディア

    多尿になると糖尿病?気になる症状と放置しておくことの危険性
PAGE TOP