特集ページ

糖尿病を予防するサプリとは?

糖尿病を予防するサプリに関する基礎知識

弊社の商品開発チームの医師監修
Q. 糖尿病を予防するサプリの種類や特徴とは?
A. サプリによって配合している有効成分などに違いはあるものの、どれも血糖値を正常に保つ作用を持っています。サプリを利用しながら、生活習慣を見直すことが大切です。

この記事の監修ドクター
自然療法医 ヴェロニカ・スコッツ先生
アメリカ、カナダ、ブラジルの3カ国で認定された国際免許を取得している自然療法専門医。
スコッツ先生のプロフィール
https://gluco-help.com/media/lose-weight-diabetes27/

 

糖尿病を予防できるサプリの特徴とは?

糖尿病は、一度発症すると一生にわたって付き合っていかなければならない病気です。病気が進行する中で合併症のリスクが上がり、日常生活にも支障をきたすことがあります。そこで、糖尿病にならないよう、日頃から予防していくことが大切です。
糖尿病予防におすすめのサプリは数多く発売されていますが、どのような特徴があるのか、成分を中心に見ていきましょう。

糖の吸収を抑える成分が入っている

糖尿病の予防や改善を図っていく中で、糖の吸収を抑えることが重要です。糖尿病予備軍とされている人は、少しの糖分でも健常者より敏感に反応してしまいます。糖の吸収を抑える成分が入っているサプリを利用することで、血糖値を正常に保つことができるのです。
具体的な成分としては、水溶性食物繊維や難消化性デキストリンといったものに注目するとよいでしょう。
水溶性食物繊維や難消化性デキストリンが配合されているサプリを飲むことで、腸内環境も整うようになり、老廃物がスムーズに排出されます。余分な糖の吸収を抑え排出しようとしてくれる有効成分が、糖尿病予防にしっかりと働きかけてくれるのです。糖分をつい多く摂取してしまうという人にも、上記のような成分はおすすめです。

血液をサラサラにする成分を配合

糖尿病予防のサプリを選ぶ際、糖の吸収を抑える成分と同時に、血液をサラサラにする成分にも注目してみましょう。ドロドロの血液は、脳梗塞や心筋梗塞などの恐ろしい病気も招きます。日々の食事で有効成分を摂取するのが一番ですが、毎日しっかりと摂取できるとは限りません。継続するのも容易ではないでしょう。さらに、現代ではドロドロ血液を招くような食べ物も多く存在し、実際に食べる機会も多くなっています。
そこで、糖尿病予防サプリを選ぶときに、血液をサラサラにする成分が配合されているものを選ぶと安心です。具体的な成分としては、以下があげられます。このような成分がサプリの中に含まれているか、確認するとよいでしょう。 クエン酸

  • DHA
  • EPA
  • ビタミンE
  • ビタミンC

これらの成分を配合しているサプリは、今では多くなっています。糖尿病予防という言葉をキーワードに、上記の有効成分もチェックしてみましょう。

インスリンの働きをサポートする成分

糖尿病予備軍においては、インスリンの働きが鈍くなっている可能性があります。そのため、サプリを選ぶときにも、インスリンの働きをサポートする成分が入っているかどうかを確認しましょう。
食事で摂取した糖分を分解するという役割を持つインスリン、糖尿病予備軍になると分泌量が徐々に減っていきます。インスリンの働きをサポートする成分として、以下のものが配合されているサプリを選ぶと安心です。

  • マグネシウム
  • カリウム
  • 亜鉛
  • カルシウム

現代人においては、不足しがちといわれている成分も含まれます。糖尿病の予防を図りながら、サプリで効率よく有効成分を摂取しましょう。これらの成分は、糖尿病における合併症や生活習慣病の予防にも効果が期待できます。

腸の調子を整える成分

糖尿病を予防していくためには、糖をはじめとする余分な老廃物を体内に溜め込まないことが大切です。糖の吸収を抑えてくれる食物繊維や難消化性デキストリンなどをサプリから摂取することで、腸の状態も変わってきます。
その上で、より腸内環境を整えるため、サプリにおいても有効成分に注目しましょう。以下の成分が配合されているサプリを選ぶと、徐々に腸内環境も整ってきます。

  • オリゴ糖
  • 乳酸菌
  • 食物繊維

身近な食べ物からも摂取がしやすい成分になりますが、継続してしっかり補うためにはサプリが便利です。腸内環境が整うことでインスリンが分泌されるようになり、糖の吸収を抑えることが可能です。すべてをサプリに頼るのは避けたいところですが、サプリがしっかりと身体に働きかけてくれるのは事実なのです。

「糖尿病お助け隊」からおすすめのサプリメント

糖尿病を予防するサプリが数多く登場している中で、「糖尿病お助け隊」でもおすすめのサプリメントを販売しています。糖尿病予防サプリがたくさんあってどれを選べばよいかわからないという人も、ぜひ「糖尿病お助け隊」で取り扱っている商品をチェックしてみてください。

ドクターズチョイス マイタケオール

「ドクターズチョイス マイタケオール」は、マイタケに含まれる有効成分グリコプロテインを配合したサプリメントです。グリコプロテインはアメリカ糖尿病学会においても注目されている成分であり、インスリン抵抗性をしっかり改善していくことが期待できます。
インスリンの働きを活性化させることで、高血糖や高血圧、メタボリックシンドロームなどを改善することができます。数々の臨床実験でも実証されているほどです。
「ドクターズチョイス マイタケオール」には、有効成分であるグリコプロテインを58.5mg、マイタケパウダーを750mgと、たっぷり配合しています。
さらに、ローズヒップパウダーやシトラスフラノボイドパウダーといった抗酸化成分も配合し、糖尿病の予防に大いに作用してくれます。ローズヒップパウダーからは血糖値を抑制する効果が、シトラスフラノボイドパウダーからは血行を改善する効果が期待でき、効率よく糖尿病予防ができるでしょう。
「ドクターズチョイス マイタケオール」は、食間に利用することでより吸収率を高めることができます。毎日飲む時間を決めておくと、規則正しく摂取できるでしょう。

ドクターズチョイス マイタケオール

インスリン抵抗性の改善に
血糖値とヘモグロビンA1c値を低下し、合併症の進行を予防!
「ローズヒップパウダー」と「シトラスフラボノイドパウダー」をたっぷり配合
詳細はコチラ

ドクターズチョイス グルコサポート

ドクターズチョイス グルコサポート」は、血糖値が気になり始めたという人におすすめのサプリメントです。血糖値の調節に効果が期待できるビタミンやミネラル、ハーブなどを計16種も配合しています。
16種類の有効成分が、血液中のブドウ糖をコントロールし、正常な血糖値を維持することが可能になります。このサプリメントを摂取するだけで、高血糖にしっかりと働きかけてくれる成分を手軽に補うことができるためおすすめです。16種類の有効成分の、一部を紹介しましょう。

  • 亜鉛・・・インスリンを分泌するために欠かせない成分。免疫力も高めてくれる。
  • ビタミンE・・・優れた抗酸化作用を持ち、コレステロール値の改善に効果が期待できる。
  • マンガン・・・脂肪燃焼を促進し、インスリンの合成をサポートする。
  • ギムネマ・シルベスタ抽出物・・・インスリンの分泌をサポートし、脂肪が蓄積されるのを抑えてくれる。
  • エルサレム・アーティチョーク(キクイモ)果実 抽出物・・・糖と脂肪の吸収を抑える。血糖値が急上昇するのも抑制してくれる。
  • オオバナサルスベリ(バナバ)抽出物(葉)・・・亜鉛を豊富に含み、正常な血糖値を維持するコロソリン酸を含んでいる。

ドクターズチョイス グルコサポート

ビタミン、ミネラル、ハーブ 16種の成分配合
信頼性のある3つの特許成分を配合
血糖値をコントロールしながら合併症を予防します
詳細はコチラ

ドクターズチョイス グルコティー

サプリというよりは、普段の飲み物として美味しく飲むことができるのが「ドクターズチョイス グルコティー」です。
血糖値を下げる働きのあるハーブを5種類配合し、糖の代謝をサポートします。配合されているハーブの詳細は、以下になります。

  • ギムネマ・・・ブドウ糖の吸収を防ぎ、正常な血糖値を維持してくれる。
  • ステビア・・・インスリンの働きを活性化させる。
  • ニガウリ・・・コロソリン酸が血糖値を下げてくれる。
  • シナモン・・・アメリカ糖尿病学会においても血糖値を下げてくれると立証済み。
  • カモミール・・・老化を招く物質が生成されるのを抑制する。

インスリンの働きを改善し、より多く分泌できるように考案されたハーブティーです。糖尿病予防に必要な成分のみを配合し、フルーティーな香りを楽しむことができます。ホットでもアイスでも美味しいお茶ということで、オールシーズン飲むことができるでしょう。
「ドクターズチョイス グルコティー」は、食事と一緒に飲むことで糖と脂肪の吸収を抑えてくれます。飲むタイミングも意識しながら、利用してみましょう。

ドクターズチョイス グルコティー
血糖値を下げる効果がある5大ハーブを配合
インスリンの働きを改善
インスリンの分泌を多くする
詳細はコチラ

ドクターズチョイス フェーズ2プラス

飲んだときと飲まなかったときとで、血糖値に大きな変化が現れるとされているのが「ドクターズチョイス フェーズ2プラス」です。
炭水化物ブロック、糖と脂肪の代謝を促進、食欲抑制の3つが揃ったサプリになっており、3つの有効成分によって身体に変化が現れます。

  • フェーズ2・・・炭水化物の吸収をしっかりブロックし、血糖値の上昇を緩やかにしてくれる。
  • ギムネマ・・・糖の吸収を強力にブロックし、血糖値が急上昇するのを抑える。
  • 特許取得クロム・・・血液中の糖分をスムーズに代謝する。

高品質な自然派原料を使用し、毎日安心して利用することができるでしょう。食後の血糖値を抑えたい人や、インスリンの働きを活性化させたい人などにおすすめのサプリメントです。

ドクターズチョイス フェーズ2プラス
糖と脂質の代謝促進
食後の血糖値上昇をブロック
血糖値に働きかける注目の3成分を配合
詳細はコチラ

サプリを利用する際の注意点やポイント

糖尿病予防のサプリを利用する際には、その効果を身体で実感するため、注意点やポイントについてもしっかり押さえておく必要があります。以下の点に気をつけながら、嬉しい変化を実感してみましょう。

正しく飲んで継続すること

すべてのサプリにおいていえるのが、正しく飲んで継続することです。サプリによって、飲むのにおすすめのタイミングがあります。食間に飲むと良いもの、食事中に摂取することで効果が期待できるものなどさまざまです。商品ごとに特徴を押さえ、記載されている利用方法をしっかり守りましょう。
飲むタイミングを意識しながら、毎日継続することも大切です。うっかり飲み忘れてしまうことで、得られる効果が半減してしまう恐れもあります。せっかく飲むのなら、正しく飲んで継続するよう心がけましょう。

サプリはあくまで補助、食事療法は続けよう

糖尿病を予防していく上で、サプリを上手に活用する方法はおすすめです。正しくサプリを利用することで、身体にも嬉しい変化が現れてくるでしょう。
しかし、サプリにすべてを頼るのではなく、日々の食事療法も続けていくことが大切です。糖尿病の予防を考えて食事を作る中で、生活習慣病などの予防にもつながります。サプリはあくまでも補助的な存在であり、基本となるのは食事や運動など日々の生活です。

規則正しい生活を心がけながらサプリを利用しよう

サプリは補助的な存在であること、利用するなら正しく飲むことなどについて触れてきましたが、これを継続するにあたって規則正しい生活を心がけることも重要です。食事の時間が不規則であれば、サプリを飲むタイミングも日によって異なります。また、うっかり飲み忘れてしまうこともあるでしょう。
このようなトラブルを避けるためにも、基本となる私生活を正していきましょう。就寝・起床時間を決める、食事の時間はできるだけずれないようにするなどの対策を取ることで、サプリの効果も期待できます。補助的な存在であるサプリの効果を実感するために、私生活にも目を向けてみましょう。

まとめ

糖尿病は、ならないように日頃から対策をしておくことが大切です。その上で効果的とされているのが、サプリメントです。糖尿病を予防したい人、すでに予備軍である人にもおすすめであり、手軽に利用できて続けやすいのがポイントです。
サプリごとの特徴や利用方法を押さえて、活用してみましょう。そして、規則正しい生活を心がけながら食事にも気をつけて、サプリが補助的存在であることをしっかり理解しておきましょう。サプリに頼るのではなく、生活の改善を図ることが大切なのです。

隠れ糖尿病を見つけるのに大切なHbA1cの値前のページ

血糖値の急上昇は糖尿病の原因になり健康を脅かします次のページ

ピックアップ記事

  1. HbA1c【 ヘモグロビンA1c 】の数値を下げる実践的な方法とは
  2. 自己測定器での血糖値の測り方は意外と簡単です
  3. 1型糖尿病は遺伝するのか?1型糖尿病について詳しく調べてみた

関連記事

  1. メディア

    糖尿病と動脈硬化の関係性とは

    糖尿病と動脈硬化に関する基礎知識弊社の商品開発チームの医師監修…

  2. メディア

    糖尿病と動悸には深い関係があった

    糖尿病と動悸に関する基礎知識弊社の商品開発チームの医師監修Q.…

  3. メディア

    糖尿病が心配な方は必見!いざと言う時のために保険で備える

    糖尿病 保険に関する基礎知識弊社の商品開発チームの医師監修Q.…

  4. メディア

    糖尿病を放置すると合併症などのリスクが高まる!

    糖尿病の合併症に関する基礎知識弊社の商品開発チームの医師監修Q…

  5. メディア

    糖尿病足病変の症状と予防的フットケア

    糖尿病足病変の症状と予防的フットケアに関する基礎知識弊社の商品開発…

  6. メディア

    糖尿病の3つの検査方法とは?

    糖尿病検査に関する基礎知識弊社の商品開発チームの医師監修Q. …

おすすめ記事

最近の記事

  1. ヘモグロビンA1cが7.2なのに急遽手術をしなくてはならない…
  2. 【医師監修】ドライマウス、歯周病、歯肉炎も糖尿病の合併症です…
  3. ヘモグロビンA1cとはいったい何のこと【 HBA1c】は【 …
  4. 糖尿病から狭心症を発症、心臓の手術後サプリメントと食事改善で…
  5. ヘモグロビンA1cを下げるには「食事終了後5分以内」の運動が…
  1. 特集ページ

    血糖値とは血液中のグルコースのことで異常があると様々な困難が生じます
  2. 特集ページ

    ストレスで血糖値が上昇し長期間の強いストレスは糖尿病発症のリスクを高める
  3. 特集ページ

    ヘモグロビンA1cを下げるには「食事終了後5分以内」の運動が効果的です
  4. メディア

    多尿になると糖尿病?気になる症状と放置しておくことの危険性
  5. メディア

    妊娠糖尿病についてよく分かるリスクや治療方法は?
PAGE TOP